スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第223回松本人志の放送室 - 14:「なんとも思えへんねん」~「今はちょっとだけ焦りました」

ダウンタウン松本人志の放送室第223回:「なんとも思えへんねん」~「今はちょっとだけ焦りました」 (29:30~)
高須:そんなようなことがありましたが、
松本:はい。
高須:なーんか話ありますかねー。
松本:いや、そらもう、あなた。これ、あの、悪魔の、悪魔の3本録りですのでね。
高須:そうやー。
松本:悪魔の3本録りの、これ2本目ですから。
高須:うわあ、うわあー。
松本:一番、この、今、折り返し地点の、
高須:大変な時ですね。
松本:一番大変な時ですよ。
高須:そうですね。

松本:人間のこんな体なんて、結局は、あのー、デパートに買いに行くんですよ。知ってました?
高須:はい。はい。僕も、
松本:魂が買い物に行くんですよ。
高須:僕も買い物に行って、
松本:で、「どれにしますか?」みたいな。
高須:はい。僕も買いましたよ。
松本:ね。
高須:ほんで、
松本:で、自分なんかもう、たぶん、
高須:見た目がええやんか。売れ筋、売れ筋ベスト3の中に入ってるやつやったもん。俺。
松本:いや、自分、ワゴン売りやって。
高須:違うよ!俺、売れ筋ベスト3の、
松本:いやいや。
高須:2番目ぐらいのやつ買ったんや。
松本:ううん。だから、いっぱい付いてへん機能があんねん。その、肩がすぐゆるゆるやったりとか。
高須:…。
松本:俺、ちゃんとしたやつに。ローン組んで買ったもん。
二人:…。
松本:別に、この話これ以上ない。
二人:あはははははは!
高須:何かあるのかしらと思ってたけど、これ、何もないんかいな。
二人:はははははは。
高須:まあ、でもね、
松本:いや、話せって言やあ、あるで。別に。無理矢理でも、無理くりでも広げろ言うたら、そら広げるよ。
高須:じゃあ、お願いします。ちょっと、1回、ちょっと軽く、じゃあ、軽く。
松本:どういうこと?どういうことよ。
高須:え?え?俺の場合は、ワゴン、ワゴンで?あのー、
松本:ワゴン売りの、
高須:ワゴン売りの。
松本:地下の、爪楊枝刺してたやつや。
高須:食いもんやんか。それ。
松本:はははは。細かあー切って。
二人:はははははは。
高須:違うやん。
松本:カッピカピになった、
高須:うん。
松本:爪楊枝をピンと刺してあるやつを、
高須:やつの。
松本:金払うて買うてもうとるようなタイプやな。自分なんか。
高須:わかりづらいなー。
松本:はははははは。
高須:え?魂を?買いに行って?デパートに?で、地下の、
二人:はははははは。
高須:それ何?食、食の?
松本:食のとこ、間違うて行ってもうて、
高須:うん。
松本:そこの、
高須:うん。
松本:試食を、
高須:ザーサイ買うてもうたんかい。ザーサイ、グラム、ん。
松本:ザーサイ。グラム。100グラム。買うてまいよったんよ。
高須:買うてもうたんや。
松本:うん。
高須:それが俺のボディかいな。
松本:ボデ、ボディ。申し訳ないけど。
高須:はははは、「ボデ、ボディ」。
二人:ははははは。
高須:自分は何やの?
松本:僕はもう、あのう、
高須:うん。
松本:7階の。
高須:7階の?
松本:フォーマル、
高須:フォーマル?
松本:フォーマル紳士服、
高須:フォーマル紳士服売り場の?
松本:売り場の、
高須:うん。
松本:あれですよ。
高須:うん。何?
松本:アルマーニですよ。
高須:アルマーニ。
松本:、、、うん。
高須:うわあ~。これ43になる、これ、
松本:はははははは。
高須:2006年。やばいですよ。これ。ダウンタウン。
二人:あははははは。
高須:ダウンタウン、これ、はははは、これ危ないですよ。これ。
松本:はははははは。
高須:厄年終わってませんよ。これ。
二人:ははははははは。
松本:あのね、
高須:うん。
松本:えらいもんでね、
高須:うん。
松本:なんとも思えへんねん。もう、こういうの。別に。
高須:あ。あえて。もう、だから、大丈夫やから。逆に。
松本:そうやねん。もう、なーんにも思えへんようなったきた。
高須:なるほど。すごいですね。
松本:昔は、なんか、ちょっと焦るやんか。
高須:うん。うん。
松本:例えば大喜利とかでも、
高須:うん。
松本:「あれ?あれ?」
高須:と思ったら。
松本:なんにも思えへん。最近。
高須:うん。あらら。もう、無の境地やんか。
松本:無の境地なんです。
高須:来たね。
松本:あのー、ま、別に、僕はすべったとは、今でもすべったとは思ってないですよ。
高須:うん。うん。うん。
松本:僕、今まですべったと思ったことは別に、基本的にないですけど、
高須:はははは。 
松本:ま、俗に言う「松本、すべりよった」って思ってるか知らんけど、
高須:うん。
松本:俺にしたら、
高須:うん。
松本:もう、全ー然。
高須:これも全然見えてる。
松本:これも松本。
高須:想定内の。
松本:想定内なんですよ。
高須:なるほどー。素晴らしいね。
松本:「すべったったあー」みたいなね。
高須:うん。はははは、「みたいなね」?
松本:うん。
高須:はははは。うん。うん。
松本:「気障なほどすべってやったよ」みたいな感じなんです。現に、
高須:今、
松本:今もそうなんです。
高須:今もそう。あはははははは!
松本:今は、ちょっとだけ、
高須:うん。
松本:焦りました。
二人:あははははは!
高須:そうやんな。ここは別にこんな感じにならんでええねんもんな。
二人:あはははははは。
松本:ほら。見てみ、これ。最後は高笑いで、もう、金がっばーやんか。
高須:うわあ、金がっばー。
二人:はははははは。 
高須:これ、2006年やばいですよ。これー。
松本:はははははは。
高須:やばいです。
松本:やばない言うねん。
高須:あー。
松本:人聞きの悪いこと言うな。

← 第223回2006.1.7 - 13:「わしゃ、キャピキャピか!」 | → 第223回2006.1.7 - 15:ボケは大変~「絶対にカットしてほしくないねん」


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1049-8f5ccfa5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。