スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第223回松本人志の放送室 - 13:「わしゃ、キャピキャピか!」

ダウンタウン松本人志の放送室第223回:「わしゃ、キャピキャピか!」 (28:20~)
高須:あの、ほら、ちょこちょこ、僕もね、なんか、取材とか雑誌とかに載る時あるじゃないですか。写真撮られるでしょう?
松本:うん。
高須:あの時に、「笑ってください。」
松本:辛いやろう?
高須:あれ、あれ、どーんな顔して笑ったらええの?
松本:辛いやろう?
高須:あれ、笑える?
松本:笑われへんよ。そんなの。
高須:だーれも知らん人ばっかりが見てんねんで。
松本:うん。
高須:で、もう、「お願いします」って言われても。
松本:うん。
高須:「高須さん、もっと。もっと笑ってください」って言って。もう。
松本:そう。そう。そう。
高須:引きつるわ。
松本:引きつるやろう?
高須:あんなんできへんわー。
松本:だって、あったやんか。ちょっと前に、ちょうどここやわ。ここに取材来はったんや。俺の何かで。
高須:来た。来た。来た。来た。
松本:で、そのカメラさんが「ちょっといろいろ考えてみたんですけど、」
高須:うん。うん。
松本:「えー、僕が今からカメラを持って追いかけ回しますんで、」
高須:うん。
松本:「松本さん、逃げてください。」
高須:うわあー。
松本:「ごめんなさい、それはちょっと勘弁してくれ」と。
高須:あははははは!それは、
松本:わしゃ、キャピキャピか!
高須:はははははは。グラビアアイドルやんか。
二人:ははははは。
高須:in グアムやんか。それ、もう。
二人:ははははははは。 
高須:ファーストアルバムやんか。
二人:ははははははは。 
松本:「芽生え」やんか。
高須:「芽生え」やんか。それ。写真集の。
二人:はははははははは。
高須:あはははは!そらあかんわ。
松本:おっさんが、おまえ、こんな機材だらけのところ、どんな顔して走んねん。
高須:あー。それはほんま「すいません。ごめんなさい」って言うわな。そこは。
松本:びっくりしたわ。

← 第223回2006.1.7 - 12:「温めてあげて!」 | → 第223回2006.1.7 - 14:「なんとも思えへんねん」~「今はちょっとだけ焦りました」


☆クローズアップ Amazon

■放送室の写真
「キャピキャピ♪」ではありませんが、左の「BRUTUS 大松本論 - 一冊まるごと松本人志」は、そのタイトル通りどこをめくっても松ちゃんのいろいろ写真が満載(プリクラもあり!)。ソファーの上にあぐらで座り考えるように話す姿や、「ガキ」「リンカーン」「HEY!HEY!HEY!」の舞台裏、質問のたび変わる表情、風とロックとのセッションなどテレビでは観れない姿がつぶさに収められています。

ことばも大充実。脳科学者茂木さんとの真面目な対談や、浅野忠信さん、籔内道彦さん、佐藤可士和さん、秋元康さん、ピエール瀧さん、ケラリーノ・サンドロヴィッチさん、鴻上尚史さんら多数著名人からの一問一答、村上龍が語り、絵にした松本人志も。また、放送室で自ら「ええ仕事」と思いを語った「世界の珍獣」の本人による全解説も!高須さん、ココリコ、YOUさん、板尾さんなど縁の人も登場。放送室収録の写真も見開きで大掲載!「大日本人」公開時の特集ですが、PR的な要素はなく、松ちゃんに多々角度から迫った貴重な内容。年数が経っても読みふけってしまう、永久保存の1冊です!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1048-18c0935a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。