スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第223回松本人志の放送室 - 09:「『ミスした次』が大事なんですよね」

ダウンタウン松本人志の放送室第223回:「『ミスした次』が大事なんですよね」 (17:40~)
高須:だから思うんですよ。その一言で変わるんやんか。「すいませんでした、この間、ほんとに」って言われたら、
松本:僕ね、
高須:うん。
松本:あのう、いっつも怒った時に言うんですけどね、あの、人っていうのはね、ミスをする生き物なんですよ。
高須:そうです。
松本:これは、もう、ヒクソンも言ってるんです。
高須:うん。そう。そう。そう。
松本:ヒクソン・グレイシーも言うてるんです。
高須:なるほど。
松本:人は絶対に、
高須:ミスをする。
松本:精密機械じゃないから。
高須:うん。
松本:絶対にミスをする、
高須:うん。
松本:生き物なんですよね。
高須:うん。うん。
松本:ま、ここまではヒクソンが。こっからは僕が受け持ちますけど。
高須:うわ、うわ、うわ。パクってんねや。
松本:前半はね。
高須:前半パクって。貰い、いただいて?
松本:そう、パクったと言うか、僕もそう、
高須:そこはいただいて?
松本:そこ、いただいて、
高須:いただいて、
松本:その、ミスをするんですよ。これは、もう、しょうがないんです。(パン←手を叩く音?)
高須:うん。うん。
松本:ただ、そのミスを、次。この「ミスした次」が大事なんですよね。
高須:うん。
松本:ここでどう動くかなんですよ。
高須:正しい。
松本:で、これをね、もう1回ミスする、
高須:うん。
松本:2回続けてミスするやつがいるでしょう?
高須:うん。うん。うん。いますな。
松本:これが一っ番の悪なんですよ。ここを、僕、怒るんですよ。
高須:うん。
松本:だから、さっきの、そのう、清水のやつにしたって、ま、そのミスは俺、もう、1回許してるやん。電話してその時に「あ、すいませんでした」って言うてくれたらそれで済むのに、なんかそこをね、ごまかそうとするんですよ。
高須:なるほどね。
松本:変に。
高須:まあ、人間のそういうとこは、それを、それをも含めて、まあ、かわいいなと思ってあげんのも、これ、また、
松本:そこまで、僕、まあ、まあ、42歳でまだそこまでは到達できないですわー。
高須:僕なんか、もう、思いますからね。
松本:徳の高いたかっちゃんやなあー。
高須:僕なんか、もう、そら、僕なんか、もう、もう、
松本:高たかっちゃんやんか。
高須:高たかっちゃんや。
松本:ははははは。
高須:高高たかっちゃんやねん。もう。
松本:…。
高須:あ、これ1個足すだけやったらあかんねんな。
松本:ど、どう、どうすんの?何個にすんの?もう。
高須:高たかっちゃんでええわ。2個ぐらいで、じゃあ、いいわ。
松本:はははは、はははははは。

← 第223回2006.1.7 - 08:「ま、ええ思い出やん」 | → 第223回2006.1.7 - 10:「ええこと言うてるやん、もうー」「入道雲見てたわ」


☆クローズアップ Amazon

■ヒクソン・グレイシー
ブラジル出身の格闘家でグレイシー柔術最強のファイター。「400戦無敗の男」。左の「21St CENTURY WARRIOR'S SPIRIT」では、その世界最強の肉体と「サムライ」精神があらわに。また、トレーニング方法や肉体の動きの素晴らしさが堪能できる充実のDVDがもれなく付録に! 戦う男の素顔やその魂に、格闘ファンならずとも感動です。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1044-400fa580

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。