スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第223回松本人志の放送室 - 05_1:松ちゃんの気苦労~「すべらない話」裏話

ダウンタウン松本人志の放送室第223回:松ちゃんの気苦労~「すべらない話」裏話 (5:45~)
高須:まあ、映画もね、進んでくやろうし、
松本:うん。
高須:テレビもね、ちょこちょこやって。
松本:はい。
高須:プライベートで何か、何かないんですか?新しい、何かぱしっと。どっか引っ越すとか、もう、ないんですか?
松本:まあ、正直、あのー、まだ、この段階では年も明けてないのでね。
高須:うん。うん。
松本:僕は、あの、今ね、
高須:うん。
松本:ハワイ行ってますわ。
高須:あ、ほんまやったら。
松本:はい。
高須:ほう。ほう。ほう。ほう。え、この時期でまだ?!
松本:そうですよ。
高須:いつ、いつまで休んでんの?自分。
松本:いや、10日ぐらいまで休んでるんじゃないですか。
高須:ええなあー。
松本:自分、よう言うわ。
高須:何?
松本:俺の12月、悪夢の12月知ってるか?
高須:あのね、
松本:うん。
高須:あれがあたり前なんです。松本さん。
松本:いや、あれは…
高須:1回、僕ら、ね、長谷川。これ、作家の仕事やったらよろしいわ。1回。
松本:あ、じゃあ、俺に、
高須:いや、逆にね、
松本:俺についてみ。他の芸人さんの番組の関わり方と全然ちゃうからね。
高須:うーん。まあね。それはそうかもしれへんね。
松本:まあー、、、いろいろ、ほいでまた、もう、ミスするやつがいっぱい出てくるからさー。
高須:しゃあない。
松本:大変なのよ。もう、そのフォローまでせなあかんからさー。
高須:もう、
松本:ちょっと聞いてくれる!?
高須:ちょっと新年早々、愚痴り倒してるやないのー。
松本:いや、ちょっと聞いてくれる?
高須:聞いてるよ!さっきから!
松本:あほの清水。
高須:どうした?あほの清水。あー、「HEY!HEY!」の、また、プロデューサーね。
松本:うん。
高須:黒清水ね。
松本:うん。
高須:鼻くそね。
松本:これ、高須はどれぐらいこの話を知ってんのかわかれへんけど、
高須:うん。
松本:あのね、
高須:うん。
松本:もう、ちょっと、去年の話になって申し訳ないですけども、
高須:ははははは。いいですよ。だって、これ、はははは、去年やから。
松本:まあ、そうですね。
高須:うん。
松本:あのー、今から去ることながら2ヶ月ぐらい前に、
高須:もう遠ーい昔や。うん。
松本:飲んでたんですよ。清水とね。
高須:うん。うん。うん。
松本:ほいで、あのう、「すべらない話」の、
高須:うん。うん。あ、聞いたわ。
松本:話になって。
高須:うん。うん。
松本:ほいで、
二人:はははははは。
高須:もう、悩みのように、俺、電話かかってきた。俺にも。
松本:「すべらない話」の話になって。
高須:うん。
松本:「あ、2ヵ月後ぐらいやな」みたいなことになってて。
高須:うん。うん。うん。
松本:で、あのー、「あんなんとか、有田とか、」
高須:うん。うん。
松本:「くりぃむの有田とか出たらええのになー」みたいな話はしてたんよ。
高須:うん。うん。
松本:ほんなら、「いや、ほんまそうですよねー」言うて。
高須:うん。うん。
松本:「あ、出るんじゃないですか?有田。」
高須:ま、仲もいいしね。
松本:そう。そう。そう。
高須:うん。
松本:「あれ? って言うか、ちょっと、僕、電話してみますわ。」
高須:うん。
松本:電話しよったのよ。
高須:うん。

← 第223回2006.1.7 - 04:「『マツモールス信号』って言ってるよ!」 | → 第223回2006.1.7 - 05_1:松ちゃんの気苦労~「すべらない話」裏話


☆クローズアップ Amazon

■すべらない話
トークされているのは2005年末に放送された第4弾。紆余曲折の後、有田さんが初参戦されていますが、この後ブッキングに関するごたごたぶりが明かされます。左はその第4弾と3弾が収録されたDVD。どちらも深夜放送のシンプルかつ深さがあってGOOD!

松ちゃんは「誕生日の日」の話、ジュニアさんは「残念な兄の珍事件」、そして河本さんは新たな「おかん話」を披露!そして有田さんをはじめ、サバンナ高橋さん、麒麟川島さん、矢作さん、ケンコバさんが初参戦!その初トークは必見です。


DVDならではの未公開も満載!
宮川大輔さん:松ちゃんと一緒に旅した石垣島エピソードをトーク。解放的なプライベート、テンションが上がるメンバー…その時の松ちゃんの素顔が明かされる!

ジュニアさん:中2の時、おばあちゃんと一緒に旅行へ。細かいお金がないまま、バスに乗ってしまったおばあちゃん。もちろん自分もお金がない。運転手に両替をお願いしたが断られてしまった、その時おばあちゃんの驚愕の行動とは!?

ほっしゃん。:大師匠の番組に出演。楽屋に挨拶に行くと、師匠が「九州出身かね?」と聞いてきた。「大阪です」と答えると、「九州では、○○しゃん。と付くんだよ」。いざ本番、大師匠がほっしゃん。を呼び込んだ時に起こったあり得ない出来事とは!?

全43話も収録!メンバーが一同に集まる控え室のことなど「すべらない話のためになる話」も付いたお得な1本です!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1038-40a9c9b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。