スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第312回松本人志の放送室 - 04_1:朝青龍~「ハイジですやん」

松本人志の放送室第312回:朝青龍~「ハイジですやん」 (9:35~)
松本:あのう、これ、朝青龍の。ひどくないですか?
高須:ああ。あれ何ですか?あれ。
松本:あれ、何なん?
高須:あれも長いしねー。
松本:なんでこんなことになってんの?
高須:わかれへんねん。

松本:いや、いつまで、もうモンゴル行ってまで追いかけて行くかねーと思ってね。
高須:うん。もう、ニュースないんやろうね。
松本:もう、ワイドショーはほーんまにわからん。
高須:ニュースは、もう、ないんや。
松本:ちょっとだけ山崎が、なんか笑ってもうたんやけど、
高須:うん。
松本:あいつ、全然笑かす気なんかなかったんやろうけど、
高須:うん。うん。
松本:そのー、ちょっとこう、気持ち的にもうナーバスになってもうて。もう。朝青龍ね。
高須:うん。
松本:もう、フワァ~なってもうて。
高須:うん。うん。
松本:で、モンゴルのことばっかり、「モンゴル帰りたい」みたいに、
高須:うん。うん。
松本:なってるみたいな、
高須:うん。
松本:話になった時に、
高須:うん。
松本:「うわあ。ハイジですやん」って言うんですよ。
二人:あはははははは!(パン、パン←手を叩く音?)
高須:ほんまや。
松本:ちょっとおもろいでしょう?
高須:アルムの国に帰りたい、
二人:あはははははは!
高須:ハイジやんか。ほんまやな。
松本:「ハイジですやーん。」
高須:うわあ。ほんま。ロッテンマイヤーさんにいじめられてる。
松本:ロッテン、あははははは。
高須:白パンを隠してるハイジやんか。
松本:そうです。朝潮がそうですわ。だから。ロッテンマイヤーさんですわ。
高須:ほんま、ロッテンマイヤーさんや。ほんまやわー。
松本:はい。
高須:おんじのとこ帰りたいねや。
松本:おんじのとこ帰りたなってもうてるんですよ。
高須:うわあー。ハイジや。
松本:ね。
高須:ほんまやわー。
松本:はははは。
高須:あー。山ちゃん、おもしろいこと言うな。
松本:そうなんですよ。
高須:あー。そら帰ったほうがええわ。元気になったもんね。ハイジも。
松本:もう、あのー、あれが、あれ何ですか?あの綱が、
高須:土俵の?
松本:土俵が、もう、あのー、
高須:うん。うん。
松本:ゲルに見えてきてるんですよ。
二人:ははははははは。
高須:なるほど。ゲルの中に入ってるみたいな感じや。
二人:あはははははは!
松本:寝てまうんですよ。だから。
高須:いや、もう、あかんなー。
松本:「アァ~」って。
二人:あはははははは!
高須:ハイジや。
二人:はははははは、
高須:ハイジや。
二人:はははははは。
高須:わかるわー。
二人:はははははははは。
高須:おもしろいなあ。山羊が馬みたいなもんやね。
松本:山羊が馬みたいなってもうてるんですよ。
高須:あらー。なるほどね。
松本:ええー。
高須:へえー。素晴らしい。
松本:はははは。
高須:ええ表現するな。山ちゃん。
松本:ええー。
高須:ははははは。
松本:あいつ、全然それを、
高須:うん。
松本:おもろいと思ってないんですけどね。これがまた山崎なんですよ。
高須:これがすごいとこやなー。
松本:俺は、ちょっと山崎おもろいこと言うなーと思ったんで。
高須:おもろいこと言うね。
松本:うん。

← 第312回2007.9.22 - 03:別説「忠犬ハチ犬物語」 | → 第312回2007.9.22 - 04_2:朝青龍~気持ちの悪いワイドショー


☆クローズアップ Amazon

■アルプスの少女ハイジ
両親を亡くした少女ハイジが、美しい自然の中、おじいさんのおんじや山羊飼いの少年ペーターたちと暮らし成長していく物語。お二人は他の回でも、観ていたアニメとしてハイジをたっぷり思い出トークしています。

演出・高畑勲、場面設定、画面構成・宮崎駿、キャラクターデザイン、作画監督・小田部羊一、絵コンテ・富野由悠季など、日本アニメ界の重鎮が参加した名作中の名作。

オープニングのブランコをこぐシーンや、「クララが立ったー!」はあまりに有名です。子山羊やセントバーナードのヨーゼフチーズ&白パン、ふかふかの干草のベットも魅力的!長年愛され続けています。

最近もDVD-BOXが新リリース!リマスター版で色鮮やかに蘇った全52話・9枚組はもちろん、宮崎監督や高畑さんの新規インタビュー・ライナーノーツも!その他特典も充実で、1枚2000円程度。不朽の名作をこれで永久保存です。

【内容】
新たにテレシネを行ったリマスター版・全52話
テレシネには高畑勲氏も立ち会い、お墨付きを頂いたそう。リマスター前・後の比較画像を見ましたが、アルムの森の緑や、青い空がくっきりきれいに表現されていて本当に美しかったです。ハイジたちも生き生き蘇っています!

【特典】
特製BOX小田部羊一描き下ろしの特製ボックス!
★オープニング「カルピスまんが劇場」~当時のタイトルがついた貴重なオープニング映像
★ノンテロップのオープニングおよびエンディング映像も。
第1話予告映像!
ライナーノート(24ページ!)
豪華スタッフ&キャスト5名の新インタビュー!宮崎監督や、ハイジ役の杉山さん、ペーター役の小原さんの声が詰まっています。これだけでも必見の価値ありです!
【ライナーノーツ・一部抜粋】
■宮崎駿さん(画面設定・画面構成)
「パクさん(高畑勲さん)はいい仕事をしました。…」

■高畑勲さん(演出)
「スタッフみんなにとって「ハイジ」は心に残る仕事になったと思います。僕ももちろんそうですけど。…」

※こちらは数に限りがあります。

もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1032-3699cf2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。