スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しんぼる」DVD化決定!

2009年秋に公開された松ちゃん監督第二作「しんぼる」。放送室では、多忙な中、製作の過程が伺えるトークがお二人からされていました。09年3月には

「今回の映画はほんともう、僕の中でもう成功なんですけどね。他、誰が何と言おうと。もう僕ん中で、僕は自分のおもしろいもの出来ましたよ。前回(「大日本人」)は、映画というものに笑いをどう足す、かぶしていくねんっていう感じでやってましたけど、今回はもう完全にもう笑わそうとしてやってますからね。あと、もう、何人(なにじん)とか老若男女関係ないところでやってみようって今回やっている。僕はね、素晴らしいものができたなって思ってるんです。」

と、その思いが語られています。いよいよ、DVD登場!初回限定は特典も豪華たっぷりです。




〔あらすじ〕
メキシコのとある町。家族と幸せに暮らすプロレスラー、エスカルゴマンはいつもと変わらぬ朝を迎えていた。しかしその日、妻は夫の様子が違うことを感じていた。それは今日の対戦相手がひと回りも年が若く、過激で有名なテキーラ・ジョーだということだけではなく、「何かが起こりそう」な妙な胸騒ぎを感じていたからだった。

一方、奇妙な水玉のパジャマを着た男は、目を覚ますと四方を白い壁に囲まれた部屋に閉じ込められていた。ここは何処なのか?なぜ男はその部屋に閉じ込められたのか?誰の仕業か?途方に暮れる男は、何とかその部屋から出ようと試みるが出口が見当たらない。壁に近付いて触れてみると、男の視線の先に「何か」が現れ・・・。




【レビュー】  (Yahoo!映画「しんぼる特集」より)
■板尾さん 「体感的には70分ぐらいの感じやった」
松本さんにも電話で言うたんですけど、上映時間が体感的には70分ぐらいの感じやったんです。この感覚はすごく大事なんで、映画を観るときの目安にするんですけど、いい時間の過ごし方をしたなと。理屈じゃなくて気持ちよかったですね。昔から松本さんは、いちコメディアンというより、キャスティングも含めたプロデューサー的な俯瞰の目でコントを作っていましたけど、今回もひとつのアイデアを総合的にまとめていく力のすごさを感じました。

■ガレッジセール ゴリさん 「松本さんは常に新しい何かを創造する人」
「しんぼる」はやっぱり、まったく思いもつかない切り口の映画でしたね。設定自体がスゴすぎるというか、普通じゃ考えられない内容ですから。けど、終わりまで目が離せないストーリー展開がある一方、所どころで細かい笑いを入れてくるあたりはさすがというか…。
海外を舞台にしたシーンは、「言葉も通じないし、松本さん、絶対ここのロケ大変だっただろうなぁ…」とか思いながら観てましたね。けど、やっぱり映画はエンターテインメントの究極。松本さんは、これまで常に新しい何かを創造してきた人だから、これからも革新的な映画で世間を驚かし続けてくれると思います。

■藤井さん 「前作以上に松本さんを存分に堪能できます」 /
 ココリコ田中さん 「ワンカット、ワンカット、ずっとニヤニヤしっぱなしでした」

──まずは、「しんぼる」の率直なご感想をお願いします。
藤井:僕らは劇場公開前に観ることができただけでもラッキーなんですけれども。
田中:そうですね。我先に観たいっていう芸人が周りにいっぱいいますから。僕ら後輩が言うのもおこがましいんですけど、今回もやっぱりすごい作品でした。毎週「ガキ(の使いやあらへんで!!)」でお会いして、毎週すごいと思っているんですけど、頭の中がどうなっているんだろうって思いますね。ワンカット、ワンカット、ずっとニヤニヤしっぱなしでした。
──とくに松本監督らしさが表れていた部分は?
藤井:僕は田中くんと比べて接する機会が少ないので、「松本監督らしさ」って言われてもわからないっていうのが正直なところなんですけれども、後輩としてというよりもお客さんに近い目で見ているからかもしれないですね。
田中:やっぱり常人では考えられないような発想の仕方ですね。発想のすごさは「しんぼる」に限らず、すべてにおいてそうだと思いますけど。





☆クローズアップ Amazon

■松本人志監督作品「しんぼる」
企画・監督・主演:松本人志
脚本:松本人志、高須光聖
企画協力:高須光聖、長谷川朝二、倉本美津留

★初回限定特典も豪華盛りだくさん★
・撮影ドキュメンタリーやメイキング映像
~松ちゃんが普段見せないネタ作りや指示出しなど、作品が出来上がるまでの過程も詰まっています。
・未公開シーン
~劇場では観られなかった幻のシーンが蘇る!
・「しんぼる」特報
・予告編  ・SPOT集

劇中歌「CROW」の着うたフルを全員プレゼント♪
・「しんぼるBE@RBRICK 70%」応募権限定1,000体の超プレミアものです!

もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1026-e204f691

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。