スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第222回松本人志の放送室 - 05_2:イボ痔~松ちゃんの名医

ダウンタウン松本人志の放送室第222回:イボ痔~松ちゃんの名医 (4:05~)
松本:ほんまね、聞いてくれる?
高須:なんですか?
松本:もう、いろんなとこでちょこちょこ言うたんですけど、
高須:うん。
松本:その、まあ、その後の話もあるんで、ちょっと言いたいんですけどね、
高須:うん。
松本:そこの医者がね、
高須:うん。
松本:有名な人らしいんですよ。
高須:ああ、そうなんですか。
松本:すっごい有名な人らしいのよ。
高須:痔界では。
松本:あのー、イボ痔界では。
高須:うん。
松本:もう、3本の指に入るという、
高須:うん。うん。うん。
松本:人なのよ。
高須:うん。痔、肛門科。
松本:その人に、まあ、1本の指を入れられたんですけどね。僕は。
高須:ほー、ほー。3本の指の中の1本を。
二人:あはははははは。
松本:その人がね、
高須:うん。
松本:いや、すごい人らしいんですけど、なんか知らんけど、
高須:うん。
松本:初めて行った時に「松本さん、ほんとにギリギリでしたよ」みたいなこと言われて。
高須:うん。
松本:「もうちょっと遅かったら、危なかったですよ。」
高須:うん。
松本:「痔ろうになってるとこですよ。」
高須:うん。
松本:「野球で言ったら、」
高須:うん。
松本:「ワンアウト満塁ですよ。」
高須:…ワンアウトなん?
松本:って言われて。
高須:うん。
松本:もう、意味わかれへんやろう?
高須:うん。ツーアウトじゃないの?
松本:その時は、その時は、俺、「あー」って、
高須:え?
松本:言うてもうたけど。
高須:もう、痛いもんやから。
松本:痛いもんやから。
高須:うん。
松本:「あー、よかったー」って思ってんけど、
高須:うん。うん。
松本:後で車乗りながら、「どういう意味や?これ。」
高須:「ワンアウト満塁」?
松本:おかしいでしょう?だって、何回か言うてくれんと。
高須:いや、そこかいな。俺、ツーアウト満塁に引っかかるのかな思って。ツーアウト満塁やったらギリギリやけど、
松本:いや、いや、うん、ま、ツーアウトもそうやねんけど、何回かも結構大事やない?
高須:野球、
松本:このままやったら、俺、ピッチャーなんかバッターなんかもようわかれへんやんか。
高須:ははははは。あー。はははは。まあね。
松本:しかも、ワンアウトって何なん?
高須:そうやねん。そこが重要や。
松本:しかも、そこで俺がピッチャーやったとして打たれたとしてもさ、
高須:うん。
松本:俺、何点持ってるかわからんし。
高須:うん。そんな、言いすぎや。そこ、わかる、大体わかるやんか。

◇関連記事
「ガキ」では「2人揃って痔・ダウンタウン」とトーク!浜ちゃんも青座布団の秘密を自ら明かす!
「ガキの使い」DVDが300万枚達成!~第11巻情報

← 第222回2005.12.24 - 05_1:イボ痔 | → 第222回2005.12.24 - 05_3:イボ痔~「隠し球だ!」


☆クローズアップ Amazon

■イボ痔トーク
「ガキ 傑作トーク集」DVD第11弾には、ダウンタウンで披露した痔にまつわるトークが収録!この野球に例えてくる先生の話や、浜ちゃん自らが解く青い座布団の秘密、そして「二人そろって痔・ダウンタウン」!必見のトーク、ぜひDVDで☆過去最多のトーク38本&サイレント図書館未公開を含む1時間超のボリュームです!
もっと詳しく見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1018-eaef2fea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。