カテゴリー  [第329回2008.1.19 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第329回松本人志の放送室 - 14:怒りのグアムホテル~「そこはもう普通に『ぺったんこ』言うんかいな」

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:怒りのグアムホテル~「そこはもう普通に『ぺったんこ』言うんかいな」 (52:30~)
松本:お腹痛なってきたわ。俺。さっきから。
高須:え?お腹痛なってきたん?
松本:お腹痛なってきた。もう。
高須:なんでやの?
松本:わかれへん。
高須:もう、なんやねんな。胃腸弱いなあー!
松本:はははははは。
高須:ここんとこ、飲んでばっかおるから。
二人:はははははは。
高須:弱っとるなー!おい。
松本:はははははは。まあ、ほんま、そんなんですよ。
高須:よかったですね。それはそれで。あはははは!
松本:ま、でもね、
高須:こんな話せることがあって。
松本:そうなんですよ。
高須:またね。
松本:まあ、あのう、
高須:腹立ちますけども。
松本:まあ、まあ、まあ、そうやねん。
高須:またこうやって話せる、
松本:またこうやって話せる。でもね、
高須:うん。
松本:僕は、やっぱ、こう、、、やっぱ、このホテルに、
高須:うん。
松本:俺らが泊まったっていうことは、
高須:うん。
松本:何かやっぱ、こう、俺の正義感でこのホテルを何とかせよという、
高須:はははは。
松本:俺は指令なんかなと。
高須:ははははは、えらい正義感、任されてるな。ははははは。
松本:いや、このままじゃ日本人観光客がなめられっぱなしやから、
高須:うん。うん。
松本:おまえがやれと。
高須:だからね、ちゃんとしたサービスやったら、
松本:ええ。
高須:お金あげたくなんねん。ほんまに。
松本:そうなんです。
高須:ほんまに思うやろう!?
松本:ええ。
高須:ほんまに思うねん!
松本:プロの仕事にはお金は付いてくるんですよ。
高須:そうや。ほんま、そうやねん。
松本:うん。だから我々もプロの仕事してるから、お金貰えるんです。
高須:そういうことですよ。
松本:ええ。
高須:俺、思ったもん。ほんまにそう思ったもん。ええとこ泊まったら、
松本:うん。
高須:「あ、こーんなサービスがええねや」と思って。
松本:うん。
高須:俺ね、
松本:うん。
高須:えっと、そのさっき言ってたホテルのところで、あのー、電池なくなったんですよ。薄っぺらーい電池。あるやん。
松本:はい。はい。はい。はい。はい。
高須:あのぺったんこの
松本:トローチみたいな。
高須:トローチみたいな。
松本:完全なるぺったんやな。
高須:はははは、ぺったん。
松本:そこは、もう普通に「ぺったんこ」言うんかいな。
高須:はははははは、
松本:あっんなに使いたがってた、一番言えるはずの「完全なるぺったん」な時に、
高須:はははははは。
松本:その時は、あはははははは!ええっー?!
高須:いや、もう、ほんま、ぺったんこの、はははは、こういう、
松本:もう、
二人:ははははははは。
松本:ほんま、大手を振って言えるとこやで!ここ。
高須:いや、ほんま。今、やっと言えるとこやねん。

◇関連トーク
今週は腹立つホテル、たかすちゃんが宿泊した良いホテル、そして「完全なるぺったん」!
第329回松本人志の放送室 - 01:今週の曲とサマリー

← 第329回2008.1.19 - 13:「完全なるぺったんを制しとんねん」「さっきから何回使うねん!」 | → 第330回2008.1.26 - 01:今週の曲とサマリー


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

スポンサーサイト

第329回松本人志の放送室 - 13:「完全なるぺったんを制しとんねん」「さっきから何回使うねん!」

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:「完全なるぺったんを制しとんねん」「さっきから何回使うねん!」 (50:00~)
高須:俺、あの、定食屋で、中野の定食屋で、
松本:うん。
高須:中野新橋住んでる時に、
松本:うん。
高須:定食屋って、なんか、なんかね、カウンターしかなかってん。そこは。
松本:うん。
高須:8人ぐらいの。
松本:うん。
高須:で、ばーん座って。1人きりで。その時、俺、煙草吸うてたんや。まだ。
松本:うん。
高須:煙草吸うてるから、ぱって煙草吸おう思うたら「NO!」って、ものっすごい外人が、
松本:ははははははは。
高須:「NO!」。いやいや、関係あらへんやん!ええっー!? ものっすごい、また、腕っ節の太い、
松本:うん。うん。うん。
高須:タトゥーが入っとるような外人やねん。
松本:うん。うん。
高須:で、彼女連れて、
松本:うん。
高須:ほいで、「彼女が今、煙草吸うのを止めてるから、」
松本:うん。うん。
高須:なんか、聞いてたら「で、俺も止めてるから、おまえも止めろ」みたいなことで、ノーやねん。どういうこと?!これ。
松本:はははははは。
高須:俺は、はははは、どういう、
松本:はははははは。
高須:そこまで俺、気遣わなあかんの?!
松本:あははははは!
高須:彼女の禁煙を、はははは、
松本:あははははは!
高須:「俺も気遣ってるけど、おまえも気遣え」言うけど、
松本:3人、3人一緒になって。
高須:ほいで、おまえの、
松本:「俺たちの旅」みたいになってもうて。
二人:あはははははは!(パン←手を叩く音?)
高須:それで、ははははは、「NO」言われたら、
松本:何にも、友達でも何でもない。
高須:何にも、友達でもあらへんねん
松本:3人でジーパン屋やってるわけでもないし。
高須:やってるわけでもない。
二人:あはははははは!(パン、パン、パン←手を叩く音?)
高須:ほいで、俺、「NO!」って言われんねんで!
松本:うおー!
高須:考っえられへんもん!俺、止めたけどな。それ。怖かったから。ちょっと。えらい怒ってるから。
松本:あー。
高須:定食屋のおっさんも、ちょっと知ってるから「あー、すいませんねえ」って言ってたけど、俺に。
松本:うーん。
高須:もう、あーんな大声で言われたら、
松本:うーん。
高須:吸われへんわ。もう。

松本:俺、せやけど、その女が腹立つねんけど。
高須:そうやねん!
松本:そいつが、
高須:うん。
松本:「いや、あなた、止めて」と。「それは違うじゃない」と。
高須:まあ、そうやな。
松本:「この人は煙草吸う人なんだし、」
高須:うん。
松本:「この人の煙草を吸う権利まで、」
高須:ない。
松本:「あなたが奪う権利はないわよ」って、
高須:そう、そういうことやろう。
松本:女が言えや。
高須:ほんまやねん。
松本:それを何を甘んじとんねん。
高須:甘んじとんねん。ものすごい甘んじとんねん。
松本:腹立つわー。
高須:ものすごいごまめになってんねん。
松本:なあ!
高須:もう、外人の手の内に入って、
松本:ははははは、ははははは。
高須:完全なるぺったんを制しとんねん。
松本:さっきから何回使うねん!
高須:いや、ごっつ言いたいから。
松本:あはははははは!
高須:ははははは。「完全なるぺったん」を。
松本:あはははははは。
高須:やっぱ、何度も使いたなー思うて。
二人:ははははははは。(ドン←机を叩く音?)

◇関連トーク:今週は連発、「完全なるぺったん」!
第329回松本人志の放送室 - 08:「完全なるぺったんであ~る!」 | 09_1:「完全なるぺったんではな~い!」 | 09_2:「完全なるぺったんではな~い!」 | 12:「完全なるぺったんではないわー」

← 第329回2008.1.19 - 12:「完全なるぺったんではないわー」 | → 第329回2008.1.19 - 14:怒りのグアムホテル~「そこはもう普通に『ぺったんこ』言うんかいな」


☆クローズアップ Amazon

■俺たちの旅
中村雅俊さん、田中健さん、秋野太作さんが演じる大学生カースケ・オメダ・グズ六の友情、青春の姿を描いた1975年のドラマ。大ヒットし、放送が延長され続編も制作されるほどでした。強いだけではない男の姿、人生を悩み、喜び、生きていく姿を描いた物語は今観ても活き活きしています。

2010年にはブルーレイもリリース!まさに不滅の名ドラマ。美空ひばりさんの名曲「愛燦燦」を生んだ小椋佳さん作テーマ曲「俺たちの旅」も「ただお前がいい」も、とってもいい曲です。小椋佳さんセルフカバー版も素晴らしい!ああ、しみじみ…。また、中村雅俊さんはこの年、松田優作さんと「俺たちの勲章」にも出演されています。こちらも傑作です!
もっと詳しく見る


第329回松本人志の放送室 - 12:「完全なるぺったんではないわー」

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:「完全なるぺったんではないわー」 (46:30~)
高須:海外行くと、なんかやっぱストレスっつうのはあるなあー。
松本:ある。
高須:俺ねー、やっぱり、どれもこれも、やっぱり英語がしゃべられへんからストレス溜まってくんねん。
松本:そうですね。
高須:やっぱり。空港おって、
松本:うん。
高須:あのー、フランスやったかなー。どっかで待ってたんや。したら、もう、旅行してるおっさんや、
松本:うん。
高須:外人が、
松本:うん。
高須:外人もようさん、いろんな国のやつがおるわ。
松本:うん。
高須:ウワァッー走ってんねん。
松本:うん。
高須:「もう、なんでこんなな、ぎりぎりになって走ってんねん、俺、考えられへんわ」って思ったんや。
松本:はははははは。うん。

高須:ウワァッーって走って行きよるから、
松本:うん。
高須:「あほやでー」って、はははは、どんとおったら、
松本:うん。
高須:もう、考えられへんことが起こってんねん。
松本:うん。はははは。
高須:あのね、あの、8(はち)、8。エイト。
松本:エイト。
高須:エイトっていうとこに並んでたんですよ。僕はずっとね。
松本:うん。はい。はい。
高須:したら、それが一番端の、
松本:うん。
高須:30何番に変わってんねん。飛行機が。
松本:ほう。
高須:だから俺の前をズンズン走ってったやつは、
松本:うん。
高須:それを気付いて走ってんねんな。
松本:うん。
高須:それを俺は、もう、大分見過ごしてから、
松本:うん。
高須:「考えられへんねん!俺、こんなこと」って、
松本:はははははは。
高須:言い切ってたら、ものすごいアナウンスが入ってて。
松本:うん。
高須:はははは、走って行ったら、はははは、
松本:はははははは。
高須:俺らやったんや。
二人:はははははは。
高須:あんなんあるー?!
松本:ようわからんけど。
高須:日本では絶対ありえへんやん。
松本:うーん。かなあー?
高須:いや、「かなあー?」やあれへんよ。日本で、はははは、
松本:はははははは。
高須:待ってて、ここや!言うてる時に、ははははは、
松本:はははははは。
高須:それが一番端に変わることなんか、
松本:はははははは。
高須:ありえへんやろう!そんなもん。
松本:はははははは。まあ、僕はそれぐらいは想定してやってますけどね。はははは。
高須:ええっー!?俺、もう、考っえられへんかったもん。
松本:はははははは。
高須:えっ、そんなん、これは、これは俺らが悪ないわあ思うて。
松本:うーん。まあ、そうですねー。
高須:ほいで、日本やったらね、
松本:うん。
高須:ちゃんと言うてくれんねん。待ってそうな人に、
松本:うん。
高須:「あ、変わりましたけど大丈夫ですか?」みたいなこと言い回ってくれんねん。
松本:うん。
高須:それぐらい変わってんねやから!
松本:外国では、でも、あるな。そんなんな。
高須:何にもせえへんねん。
松本:うーん。ある。
高須:こーんなもん、あかんわー。
松本:こんなん、もう。
高須:親切じゃないわー。
松本:うん。
高須:完全なるぺったんではないわー。
松本:完全なるぺったんではないな。
高須:もう、そんなことがあるから。やっぱりな、それも全部英語やねん。
松本:はははは、うん。
高須:英語がしゃべれなあかんねん。
松本:はははははは。

◇関連トーク:今週は連発、「完全なるぺったん」!
第329回松本人志の放送室 - 08:「完全なるぺったんであ~る!」 | 09_1:「完全なるぺったんではな~い!」 | 09_2:「完全なるぺったんではな~い!」

← 第329回2008.1.19 - 11:ニキ、ニキ、ニキ | → 第329回2008.1.19 - 13:「完全なるぺったんを制しとんねん」「さっきから何回使うねん!」


☆クローズアップ Amazon

■「完全なるぺったん」
「リンカーン」の企画で、たむけんさんら芸人チーム「お笑いG7」vsリンカーンレギュラーチームが対決。障害物が散乱する中、それらをよけて大きなマットレスを床につけたほうが勝ちというゲームの中で、松ちゃんが発したことばが「完全なるぺったん」です。今週はなぜかこのことばが多発!まだまだ続きます!
もっと詳しく見る


第329回松本人志の放送室 - 11:ニキ、ニキ、ニキ

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:ニキ、ニキ、ニキ (36:40~)
高須:俺はね、やっぱりね、あのう、ええ、日本なんかやっぱすごいと思うねん。
松本:日本はすごいね。
高須:日本のね、
松本:うん。
高須:あのう、この間って言うか前に行ったとこで、あの、二期倶楽部(にきくらぶ)っていうとこあるんですよ。
松本:うん。
高須:あの、旅館やねん。群馬のほうの。群馬じゃない、栃木か。
松本:二期?
高須:二期。
松本:うん。
高須:って、あんねん。もうね、すごかったよ。
松本:…うん。
高須:もうね、サービスがすごいねん。
松本:…うん。
高須:なんや、聞く気あらへんな。
松本:あははははは!
高須:もう、大体わかるぞ。
松本:はははははは。
高須:もう、なんや、「俺のホテルの話終わったら、もうええわ」みたいな顔なっとるがな。
松本:違う、ごめんなさい。もうね、ちょっと放心状態になってもうて。
高須:ま、じゃあ、ええわ。その話また今度にしよう。
松本:いや、でも、ニキの。
高須:いや、いや、いや、いや。
松本:あれ、二木の菓子(にきのかし)やろう?あの、こぶ平がやってるやつや。
二人:あははは。
高須:こぶ平やあらへんし。
二人:ははははははは。
高須:菓子ではないし!
松本:二木ゴルフの。
高須:二木ゴルフじゃない。はははは、二期倶楽部や!言うてるやろう。
松本:はははははは。ゴルフクラブ。
高須:クラブちゃうわ、ははははは。そのクラブじゃなくて。
二人:はははははは。
高須:もう、ええ。もう、ええ。やる気、やる気ない。
松本:はははははは。
高須:OK。
松本:あはははははは。
高須:曲行きましょうか。
二人:はははははは。
高須:えー、曲何やったっけ?「ハリケーン」、シャネルズ
松本:あははははは。

← 第329回2008.1.19 - 10:怒りのグアムホテル~腹立ちの真意 | → 第329回2008.1.19 - 12:「完全なるぺったんではないわー」


☆クローズアップ Amazon

■二期倶楽部、二木の菓子、二木ゴルフ
二期倶楽部はそのサービスの秀逸さで有名なホテル。高須さんは他の回でも、このホテルで体験した極上のひとときについてトークしていました。二木の菓子は上野にあるお菓子の問屋さん。林家こぶ平さん(現在の林家正蔵さん)が「♪二木、二木、二木、二木、二木の菓子!」とCM出演されていました。二木ゴルフは同系列のゴルフショップ。こちらもこぶ平さんが「♪スイング、スイング、スイング、スイング、二木ゴルフ~」とCMに。関東では長年放送されていた懐かしのCMです。
もっと詳しく見る



■ハリケーン / シャネルズ
ソロでも活躍の鈴木雅之さん、志村けんさんとのコントでも有名な桑野信義さん、田代まさしさんらからなるグループ。後にラッツ&スターの名でも多くのヒット曲を飛ばしました。顔を黒く塗り、揃いのタキシードという独自のスタイルと美しいコーラスでファンを魅了。この歌は後に奥田民生さん編曲でパフィーがカバーしています。左は彼らの30年の歴史が詰まった、なんと10枚組のベストアルバム!このボリュームとレアな内容は圧巻。音楽史に残るBest of Bestです!

レアトラックス・レア映像満載の超豪華BOX!
~12cm復刻紙ジャケット(アナログ盤の完全ミニチュア盤)仕様

シングル、アルバムを網羅した10枚組のボリュームに加え、下記の特典付き!
■ボーナスCD
1) 「B Side Bound」シングルB面すべて収録!
2) 「レアトラックス」
   ・幻の音源!アマチュア時代にシブヤ楽器で録音した超レアDEMO音源2曲
   ・デビュー前に信濃町ソニースタジオで録音した洋楽カバーの超レアのDEMO2曲
   ・超秘蔵!彼らのラジオで即興で披露したアカペラを3曲
   ・「ランナウェイ」の仮歌詞&仮歌状態の超レアDEMO音源!
   その他 
  
■ボーナスDVD
   ・「SOUL BROTHERS」ビデオクリップ集全編!
   ・Doo Wapの本場LAのライブハウス「ウイスキー・ア・ゴー・ゴー」で行われたライブ4曲抜粋

まだまだ豪華プレゼントがもれなく!
1) オリジナル「衣装プリントTシャツ」デビュー当時の衣装を再現
2) 超豪華スペシャルブックレット
   ・30年の歴史バイオグラフィー + トピックス
   ・アルバムのジャケット写真&各解説!
   ・シングルのジャケット&B面集解説!
   ・レアトラックスの各楽曲の解説
   ・レア映像の解説
   ・当時のレアショット、アーティスト写真
   ・大瀧詠一ロングインタビュー!

もっと詳しく見る


第329回松本人志の放送室 - 10:怒りのグアムホテル~腹立ちの真意

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:怒りのグアムホテル~腹立ちの真意 (33:15~)
松本:これ、でも、どう決着つけたええんやろうねえー。
高須:いや、決着なんかつかへんでしょう。向こうはただにするか何かそんだけで終わんちゃう?詫び状と。でもね、
松本:うーん。
高須:そんなもんやないねん!
松本:それは違うなあー。
高須:そんなもんやないねん。向こうがちゃんと、
松本:それは違うなあー。
高須:その心を入れ替えんとあかんねん。
松本:うーん。
高須:いや、でもなあー。
松本:だって、こっちはそのお金、もう、払えるから払ったんやもん。それ、返されたって。払われへん金じゃないんやからな。払われへんぐらいの金ならうれしいけど。
高須:そう。そう。そう。そらそうや。そらそうや。そらそうや。
松本:ねえ。はははは。
高須:そらそうや。
松本:払える金やねんから。
高須:そらそうや。そらそうや。
松本:返してもうたって、
高須:うん。
松本:うれしないやん。
高須:うん。うん。って言うかね、そうやないねんな。怒りは。
松本:うん。
高須:その、姿勢にあるやんか。向こうの。
松本:向こうの姿勢にある。あと、それと、なんかその、日本人観光客がこの先もあんな目に合い続けられんのかっていう、俺はなんかちょっと腹立つねん。
高須:それは日本人の客だけ?やっぱ、全員にあるんちゃうの?
松本:うーん。でも、ほとんどやっぱ日本人やねん。客は。
高須:うーん。
松本:ほいでね、家族で行くからね、なんかあんな感じで、冷蔵庫のあんなんで入って来られても「おお、びっくりしたな」みたいなことでたぶん終わってんねん。みんな。泣き寝入りしてんねやと思うねん。もう。こんなことでいちいち怒らんとこうとか。
高須:あかんなー、、、。
松本:それをええことに、
高須:あかんなー、、、。
松本:ものすっごいフレンドリーに「火貸してくれ」言われてたもん。
高須:めちゃめちゃやん。
松本:安住なんて。もう。俺、もう、びっくりしたもん。
高須:もっと言うとさ、さっきも、その自分の部屋に入って来た、そのランニングに、
松本:ランニングの男やろう?
高須:あんな格好、あんなって俺、見てないけど、
松本:うん。
高須:そんな格好あかんやろう?
松本:あかんやろう?俺、それも言うてん。ちゃんと制服着た人間がね、
高須:うん。
松本:入ってくんねんやった、まだしもね、
高須:うん。わかる、
松本:あんなランニングに1個シャツ羽織ったようなやつが入って来られたらね、
高須:うん。そりゃあ、もう、あかんやろう。それ。
松本:やっぱり、「え?」って身構えると。
高須:いや、思う。いや、思うよ。それ。おかしいやん。そんなん。
松本:うん。
高須:何なん?それ。
松本:何なん?それ。
高須:ほいで、もっと言うと、何やの?あの、そのプールサイドのおっさん。なんで煙草吸うてんの?
松本:なんで煙草吸うてんねん。
高須:仕事中に。
松本:いや、ほんまに。
高須:無茶苦茶やん!
松本:滅茶苦茶やろう?
高須:馬鹿にされてるやんか。
松本:腹立つやろう?
高須:うーん。あかんわー。できてへんわあー。
松本:できてへんねーん。

◇関連トーク:今週は松ちゃんがお正月に宿泊したグアムのホテルの酷さを論じる。
第329回松本人志の放送室 - 05_1:怒りのグアムホテル | 05_2:怒りのグアムホテル~くわえ煙草で「ライター貸してくれ」 | 05_3:怒りのグアムホテル~カレーもコッテコテ | 05_4:怒りのグアムホテル~粗暴な乱入 | 05_5:怒りのグアムホテル~お金がない! | 05_6:怒りのグアムホテル~「ファイナルファンタジー」もない! | 05_7:怒りのグアムホテル~「ドウ、シマシタカ~?」

← 第329回2008.1.19 - 09_2:「完全なるぺったんではな~い!」 | → 第329回2008.1.19 - 11:ニキ、ニキ、ニキ


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

第329回松本人志の放送室 - 09_2:「完全なるぺったんではな~い!」

高須:俺、なーんにも観れず。ずーっと。
松本:え、ちょっと待ってよ。他の席はみんな観れる、
高須:他の席は一杯やねん。あるのは、はははは、
松本:違う、違う、違う。一杯っていうか、
高須:全部観れてる。
松本:他の席は全部、完全なるぺったんなんかい。
高須:全部ぺったんやんか。ははははは、全部ぺったん、
松本:1個だけ、その、その飛行機の中で、
高須:あははははは。
松本:唯一、完全なるぺったんじゃない、その席に、
高須:俺は座らされとんねん!
二人:あはははははは。
高須:しかも!それはね、
松本:椅子取りゲームより確率低いよ。それ。
高須:そうやねん!久々に、その時付き合ってる彼女と旅行行ける、もう、久々やったわけですよ。
松本:楽しみたいわねー。
高須:もうね、休みも、
松本:行きや。
高須:行きですよ、そんなもん!
松本:行きやがな。これ。
高須:こっから、1週間ぐらいですかねー。
松本:ねえ!
高須:休めると思って、行って、うきうきしとんねん。
松本:眠くもないわけや。
高須:眠くもないよー!
松本:行きやからな。特に。
高須:行きやから。そんで、もう、ワイン飲んで、
松本:うん。
高須:ええ調子やがな。
松本:うん。
高須:で、やっぱ言うてもビジネスから、
松本:うん。
高須:足もほれ、ぐいーん、
松本:はははははは。
高須:もう、完全なるぺったんの証やなあ!言うて。
二人:あはははははは!
高須:ぐいぐいやっとんねん。俺は俺で。
二人:あはははははは!
高須:もう、びっくりするで!
松本:ははははは、びっくるするな。
高須:みーんな観てんねん。
松本:はははははは。
高須:みーんな観てんねん!
二人:あはははははは!
高須:俺だけ観られへんねん!
松本:それって何かないのかねえ。
高須:で、ほんで、なんとか観たいと。
松本:うーん。
高須:なら、エコノミーのほうへ、はははは、いざなわれようとすんねん。
松本:うわあー。
高須:普通は、もう、
松本:階級下やん。
高須:もう1個、はははは、
松本:はははははは。
高須:アップグレードしてくれなあかんやんか。
二人:ははははははは。

← 第329回2008.1.19 - 09_1:「完全なるぺったんではな~い!」 | → 第329回2008.1.19 - 10:怒りのグアムホテル~腹立ちの真意


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

第329回松本人志の放送室 - 09_1:「完全なるぺったんではな~い!」

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:「完全なるぺったんではな~い!」 (26:45~)
高須:1個でも腹立つねん。1個でも、ホテルって腹立つねん!
松本:うん。そうですね。
高須:あのね、心地よくしたいねん。
松本:そうなんですよ。
高須:で、家おるわ!そんなやったら。
松本:特別なことですからね。
高須:そうやねん!
松本:やっぱりホテルに泊まるっていうのね。
高須:そういうことやねん!
松本:そんなに、あのう、一生に何回もあることじゃないですしね。
高須:うん。僕、前、言いましたっけ?
松本:うん。
高須:飛行機乗って、
松本:うん。
高須:ま、言うてもビジネス取らしてもらって、
松本:うん。
高須:で、ビジネスでね、
松本:うん。
高須:10何時間。で、僕はそこで映画を観るの好きなんですよ。
松本:はあ。はあ。はあ。
高須:本も持って行くんですよ。
松本:ああ。
高須:でも、ワインもがばがば飲んで、
松本:至福の時なんや。
高須:もう、それがね、
松本:うん。
高須:俺は楽しいんですよ。オフになって、映画を観られるっつうのが。
松本:完全なるぺったんなんや。
高須:完全なるぺったんであ~る!やねん。高須の。
松本:あはははははは!
高須:俺はね。ははははは。松ちゃん。
二人:あははははは!
高須:もう、
松本:ちょっと、ごめん。「完全なるぺったん」って何なん?
高須:いや、それ、あなたが「リンカーン」で言ったやつやんか。
二人:あははははははは。
高須:まあ、でも、俺の中での完全なるぺったーんなのよ。
松本:ああ。
高須:これはね。
松本:なるほど。なるほど。はははは。
高須:で、俺はこれ観ようと思って、
松本:うん。
高須:がりがりって開けたら、
松本:うん。うん。はははは。
高須:もう、なんや、操作がおかしいねんな。
松本:あら。
高須:ほいでね、
松本:うん。うん。はははは。
高須:その当時付き合ってた彼女が、
松本:うん。
高須:もう、操作、「あほやなー、これ簡単にできるやん」って、また、
松本:うん。
高須:俺がちょっとね、
松本:うん。
高須:機械オンチみたいな感じに扱われたんですよ。
松本:ああ。おっさんは困るわねーみたい。
高須:おっさん困るわねーみたいな感じで。
松本:うん。はははは。
高須:ちょんちょんちょーんってやっても、いかへんねん。
松本:うん。うん。
高須:「ほら、いかへんやろう?」
松本:うん。
高須:「あ、ほんまや、おかしい」と。
松本:うん。
高須:「な。俺、さっきからこれずっとやっとんねん。」
松本:うん。
高須:「30分間やっとんねん!」言うて、
松本:はははは。うん。ははははは。
高須:もう、ははははは、俺、もう、完全なぺったんやからね。俺の。
松本:あははははは。
高須:それで、「おーい!」。スチュワーデス。
二人:はははははは。
高須:そこのスチュワーデス。
松本:うん。
高須:もう、腹立ってるからね。
松本:うん。はははは。
高須:さっきからずっとやってるけど、全然映らへんと。
松本:はい。
高須:ほんなら、もう、えらい3人ぐらい出てきて、
松本:ええ。
高須:ごちょごちょごちょごちょ、やってんねん。
松本:うん。
高須:3人ぐらい。
松本:うん。
高須:おっさん。男の人も来たわ。
松本:うん。
高須:ごちょごちょごちょごちょ、ごちょごちょごちょごちょ、やってんねんけど、
松本:うん。うん。
高須:全ー然、はははは、映らへんねん。
松本:うわー。最悪や。
高須:で、結局、「え、ちょっと待って。」
松本:うん。
高須:「これ、ちょっと待ってください。」
松本:うん。
高須:「日本語わかる人いませんか」と。
松本:うん。はははは。
高須:ほんなら、はははは、ほんなら、これ、「ごめんなさい」と。
松本:はははははは。
高須:はははは、完全なる、
二人:ぺったんではな~い!
松本:言われた。
高須:って言われた。
二人:あはははははは。
高須:「ええっー?!」っつって。俺。
二人:あはははははは。
高須:「嘘やろう?!」っつって。
松本:あははははは。
高須:これ、13時間、これ、
松本:あははははは。
高須:ずっと完全なるぺったんでない状態で、
松本:あははははは。
高須:俺はいかなあかんのか!?っつって。
二人:あはははははは。
高須:「ゴメンナサ~イ。」
二人:あはははははは。
高須:「ザッツ オ~ル!」
二人:あはははははは!

← 第329回2008.1.19 - 08:「完全なるぺったんであ~る!」 | → 第329回2008.1.19 - 09_2:「完全なるぺったんではな~い!」


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

第329回松本人志の放送室 - 08:「完全なるぺったんであ~る!」

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:「完全なるぺったんであ~る!」 (25:30~)
松本:これ、もう、アメリカやったらもう、
高須:滅っ茶苦茶言う、
松本:何億ドルの話ですよ。
高須:滅っ、、、何億ドルの話かいな。
松本:何億ドルの話ですよ。
高須:ぐわっー!言うた、
松本:プライバシーから何からが、もう、
高須:言うたったら、言うたったらええねん。
松本:ああ。
高須:言うたりなさい。これは。
松本:いやあー。
高須:ああ、わかるわ。あなたが怒って「ちょっと言うていいですか」言うた時に、あー、
松本:うん。
高須:また、もうー、
松本:はははははは。
高須:またや。これ。年始のこれ、
松本:やれ浴衣がどうしたとか、
高須:浴衣がサイズが合わんとか、
松本:あはははははは!
高須:それで行って飯食うたら、もう、
松本:おお。ははははは、
高須:なんや、
松本:浴衣のわりには帯が長すぎるとか、
高須:そんなんまた言うとんねやろうなー!とか思ったら、
松本:はははははは。うん。
高須:まったく違うやんか!
松本:完全に、完全なる正義でしょう?
高須:完全なる、
松本:完全なるぺったんでしょう?
高須:はははは、いや、ほんま、はははは、
松本:はははははは。
高須:完全なるぺったんであ~る!
二人:はははははははは。
高須:いや、これ、ほんまそうやわ。
松本:いや、ははははは、ほんまにそうなんですよ。
高須:ほんまにそうやわ。いやあ、これは腹立ってええ。

← 第329回2008.1.19 - 07:ファイナルもファンタジーも | → 第329回2008.1.19 - 09:「完全なるぺったんではな~い!」


☆クローズアップ Amazon

■「完全なるぺったんであ~る」
「リンカーン」の企画で、たむけんさんら芸人チーム「お笑いG7」vsリンカーンレギュラーチームが対決。障害物が散乱する中、それらをよけて大きなマットレスを床につけたほうが勝ちというゲームの中で、松ちゃんが発したことばが「完全なるぺったん」です。今週はこの後のトークにも「完全なるぺったん」が多発です!
もっと詳しく見る


第329回松本人志の放送室 - 07:ファイナルもファンタジーも

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:ファイナルもファンタジーも (23:15~)
高須:うーん。ひどいなあ。
松本:ええ。
高須:ああ、そんなひどい?
松本:ひどいでしょう?
高須:うわあー。これ。
松本:まあ、俺が一番やっぱ笑うたのはそこですけどね。
高須:はははははは。
松本:片言になってもうてんねんもん。
高須:いやあ。それも思い切ったなー。
松本:ははははは、思い切った、ははははは、
高須:思い切ったでー。そいつも。
松本:はははははは。
高須:基本、わかってんねんもん。
松本:はははは、
高須:安住、言うたったらええねん!「自分ベラベラやったやん、昨日!」っつって。
松本:はははははは。
高須:それ、なんで安住言わへんの(トン←机を叩く音?)。そこで。
松本:まあ、まあ、まあ、ね。安住自身の経験値は上がってないですから言えなかったんじゃない、
高須:もうー。安住の経験値、低すぎんねん。
二人:ははははははは。
高須:もっと経験値、上げとけよ!
松本:ははははははは。
高須:それ、その時に言わなどないすんねん。
二人:ははははははは。
高須:後で言うてどないすんねん。
二人:ははははははは。
松本:ま、僕もゲーム好きなんでね。わかりますよ。
高須:いやー。
松本:PSP盗られた。これも彼女にもうたやつやったりするしね。
高須:あー。
松本:ね。
高須:嫌やねえ。
松本:で、そんなんもわかるし。あと、そのゲームの、あのう、どんどん、ま、僕、あんまりロールプレイングしないですけど、
高須:うん。
松本:どんどんね、あれ、ああいうのって、
高須:そう。あれ大変なんですよ。
松本:大変でしょう?
高須:やっと、こっからが、
松本:うーん。
高須:溜めて溜めて、自分が強なって、
松本:そうやね。
高須:やっとファイナルを迎え、
松本:そうですよ。
高須:ファイナルのファイタジーを迎えようと、
松本:あははは、ファンタジーを、ははははは。
高須:する時に、はははは、それは辛いですよ!
松本:ファイナルもファンタジーも盗られとるから。
高須:うわ。もう、最悪や。もうー。
松本:あはははははは!
高須:何のために費やした時間かちゅう話ですよ。これ。
松本:腹立つやろう?!
高須:虚しいよ。その時間が。すべて。
松本:腹立つやろう?!
高須:その瞬間だけちゃうねん!(トン、トン←机を叩く音?)
松本:うん。
高須:始めた時からの時間が全部無駄やねん!
松本:うん。うん。うん。腹立つやろう?
高須:腹立つなあ。
二人:はははははは。
松本:腹立つねん。腹立つねん!
高須:うわあ。俺ね、あのね、例えば仕事で行ったとするやんか。
松本:うん。
高須:仕事でも嫌やで。
松本:うん。
高須:体疲れてるし。
松本:うん。
高須:でも、もうね、たまの休みで、
松本:うん。
高須:気持ちよく、こう、
松本:うん。
高須:リフレッシュしたいわけやん!こっちは。
松本:うん。
高須:だから、ちょっと贅沢して、
松本:うん。
高須:ここやったら大丈夫やろうって行ってるわけやもんな。
松本:うん。

◇関連トーク:今週は散々なグアムのホテルについて。安住さんのPSPが…、その時支配人は!?
第329回 - 05_6:怒りのグアムホテル~「ファイナルファンタジー」もない! | 05_7:怒りのグアムホテル~「ドウ、シマシタカ~?」

← 第329回2008.1.19 - 06:「プロの仕事にお金払いたいじゃないですか」 | → 第329回2008.1.19 - 08:「完全なるぺったんであ~る」


☆クローズアップ Amazon

■ファイナルファンタジー
松ちゃんのお正月のグアム旅行。宿泊したホテルでは、くわえ煙草の従業員に火を貸してくれと言われたり、昼寝中に突然スタッフが入ってきたり、外出先から戻ったらベッド脇に置いておいた松ちゃんのお金、そして後輩安住さんのPSPがなくなっていたりと散々な目に。左はPSPピアノ・ブラック(PSP-3000PB)。かっこいいなあ。FF以外にも遊びたいソフトがいっぱいです!
もっと詳しく見る


第329回松本人志の放送室 - 06:「プロの仕事にお金払いたいじゃないですか」

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:「プロの仕事にお金払いたいじゃないですか」 (21:25~)
高須:あのね、金が欲しいとかじゃなくって、ひどい!
松本:あれはあかんでしょう?
高須:うん。ひどすぎる。
松本:もう、俺はもう、実はこれは日本人観光客に、
高須:馬鹿にされてるな。
松本:もうね、もう行くなと。あれ、あっこ行ったら、もう、ほんと気分悪いぞと。正月から。
高須:あのねー、やっと休み取れて、
松本:ええ。
高須:あの、楽しく、
松本:いや、ほんと、ほんと。
高須:そこそこお金溜めて、みんな行って、
松本:ほんと。ほんと。
高須:楽しんでいこうと思ってる時に、
松本:そうですよ。そうです。
高須:こっちは怒りたないからね。
松本:怒りたないから。別に因縁つけてるわけじゃないんです。
高須:じゃないねん。
松本:ホテル代ただにしてもらいたあて怒ってるわけじゃないんですよ。
高須:ないもんな。
松本:ええ。僕らは、やっぱ、プロの仕事にお金払いたいじゃないですか。
高須:そうやな。
松本:お金払うってことは、プロの仕事をしてくれたから払うんですよ。
高須:ほんまやね。
松本:あんな素人以下のことされてね、
高須:うん。
松本:いや、と言うか、盗まれとるからね!こっち。金やゲーム機や。
高須:うーん。ひどい。
松本:ファイナルのファンタジーが。
高須:うーん。
松本:俺らのファンタジーが。
高須:うん?ちょっと最後のほう、おかしかったな。今。
二人:ははははは。
松本:ほんとに。
高須:いやあー。それは腹立つなあ。俺、、、耐えらへんかもしれへんわ。
松本:耐えられへんでしょう?
高須:俺、耐えられへんわ。
松本:そら、アキも怒るやろう?
高須:怒るわ。アキが怒る、そらアキも顔変わってまうわ。
松本:ただ、僕らはほんとに、すごい大人としての怒り方しましたけどね。もう、昔やったら、俺、もう、ほんま巻き舌でシャレならんぐらい怒ってたと思うけどね。
高須:いやあ。それはあかんわー。

← 第329回2008.1.19 - 05_7:怒りのグアムホテル~「ドウ、シマシタカ~?」 | → 第329回2008.1.19 - 07:ファイナルもファンタジーも


☆クローズアップ Amazon

■ファイナルファンタジー
夕ご飯で外出していて、部屋に戻ったら消えてしまっていたという安住(あずみ)さんのFF。松ちゃんはこの後、「僕もゲーム好きなんでね。わかりますよ」「彼女にもうたやつやったりするしね」と、その痛みを代弁していました。FFにまつわるトークはこの後も!左はPSPピアノ・ブラック(PSP-3000PB)。かっこいいなあ。遊びたいソフトもいっぱいです!
もっと詳しく見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。