カテゴリー  [第245回2006.6.10 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第245回松本人志の放送室 - 05:ギャラの話

松本人志の放送室第245回:ギャラの話 (12:15~)
高須:あなたは、ほら、もう貯金が山ほどあるじゃないですか。
松本:あのう、みんな勝手に僕の推測をするんですよね。
高須:うん。
松本:今田でも、俺のこと滅茶苦茶言うんですよ。
高須:何て言うんですか?
松本:いや、もう何十億みたいなこと言うんですよ。
高須:決して間違いじゃないじゃないですか。
松本:いや、あのね、全然そ、、、んなないですよ。
高須:いや、ちょっと待った。ちょっと待った!ここはゆっくり行こう。
松本:はははははは。
高須:ははははは。何、何?ここ、何?おかしいやん。
松本:もう、ええ言うねん。
高須:おかしいやん。もう、
松本:今日はもう、あれやで。あんた。
高須:「もう、ええ」言うのどういう、
松本:245回目やで。
高須:知らんがな。そんなもん。
松本:記念すべき。
高須:いや、今ちゃんのくだり行こうや。
松本:はははははは。
高須:「何十億」言った後の、今ちゃん「そんなわけはあれへん」ってどういうこと?
松本:そんなわけあれへんねん。だからもうなんか、どんどんどんどんね、噂が噂を呼んでっていうね。
高須:何かの雑誌にね、
松本:うん。
高須:ダウンタウンのギャランティがね、
松本:うん。
高須:なんか2人で何百なってましたよ。最低ランクが。何百。2人で。2人なんか1人なんかわからへんわ!
松本:これだけは言わしといてください。ほんまに嘘ですからね、ああいうの。CMギャラとかも、ほんま嘘ですからね。
高須:CMなんか何千万でしょう?
松本:僕もなんか書かれてたらしいんですよ。
高須:うん。
松本:CMギャラがえらい、
高須:なんや、えらい高かったですよー。
松本:ああ、嘘です。僕、そん、
高須:高倉健のちょっと下ぐらいですよ。
松本:ああ、僕、そんなもらったことないですもん。
高須:健さんのすぐ下やで。
松本:あれは、あのう、わかんないです。知らないですけど、
高須:うん。
松本:まず、あの設定自体が嘘ですし、
高須:うん。
松本:ほんまやったとしても、それは会社が取ってる分であって、俺にはもちろん、そんなに入ってきてないですから。
高須:ま、もちろん少しは、
松本:あれの半分以下ですからね。僕に入ってきてるのは。
高須:そんなわけない。
松本:ほいで、税金も全部持っていかれて。もう全然ですもん。
高須:そんなわけないですわー。
松本:いや、これだけはもう。
高須:そんなわけ、ないですやん!
二人:はははははは。
松本:え?どういうこと?はははは。それは。
高須:いや、ちょっと強く言ってみたかってん。
松本:はははははは。
高須:なん、何て言うたらええかなと思って。
二人:はははははははは。
高須:そんなわけないですやんか。
松本:ええ。ほんとに。ほんとに。
高須:自分。
松本:そんなことよりも、
高須:何?どこ行くねん?
松本:この駐禁監視員の問題をどうしていくんやっちゅう話なんですよ。
高須:そんなん、そんなんええんですよ。僕はもう。もう、そこに興味はないんですよ。
松本:はははははは。
高須:自分、すごいなあ。
松本:いや、いや、全然すごないがな。何を言うてんねんな。
高須:前も言いましたけども。
松本:うん。
高須:ね。
松本:うん。
高須:1回、自分が圭ちゃんに、
松本:うん。
高須:清水圭ちゃんにね、
松本:うん。圭に。
高須:「圭、ちょっと見てくれよ、これ」って、
松本:うん。うん。
高須:もう、長ーーい明細票ね。
松本:うん。見したな。
高須:第1回のギャラが、
松本:うん。
高須:もう何千円がーっと積んで、
松本:うん。
高須:積んで、積んで、積んでした時に。
松本:うん。
高須:「4時」やってる頃ですよ。
松本:うん。
高須:「圭、見てくれ」っつって、
松本:うん。
高須:圭ちゃん、「何ですか?」って、ぱって見たら、
松本:うん。
高須:ずらーっの中に100何万なった、
松本:うん。
高須:月の、
松本:うん。
高須:明細票見て。
松本:うん。
高須:「圭、やっとここまで来たわー。」
松本:うん。
高須:って、言うたらしいんですよ。
松本:あれから、だから、ずっと一緒ですよ。だから。
高須:はあ?
二人:はははははは。
高須:そんなわきゃあないわー。もう、自分。もう。

← 第245回2006.6.10 - 04:たかすちゃんのアンバサダー | → 第245回2006.6.10 - 06:


☆クローズアップ Amazon

■清水圭さん
奥様は香坂みゆきさん。よきパパのイメージもあり、いろいろな番組で活躍されていますが、以前は圭・修というコンビで人気を博していました。年齢は圭さんが2つ上ですが、ダウンタウンの後輩で「4時ですよーだ」で共演されています。左は圭さんと所ジョージさんの「世田谷ベース」。遊び上手なお二人から「大人の楽しみ」を知れる1本です!09年6月には、自身の好きなサッカーをテーマにした絵本も発表されています。
もっと詳しく見る


スポンサーサイト

第245回松本人志の放送室 - 04:たかすちゃんのアンバサダー

松本人志の放送室第245回:たかすちゃんのアンバサダー (6:30~)
松本:知ってますか?あのう、リスナーのみなさん。高須さんは、
高須:はい。
松本:あのう、僕もこの間ふっと思い出したんですけども。今でこそ、こうやってね、
高須:はははは。
松本:レンジローバーなんてお乗りになってらっしゃいますけども。
高須:はははははは。
松本:東京来た頃に車買うんや言うて、お買いになられたのが、あの、
高須:はははははは。インドの。
松本:インドの「アンバサダー」いう車。
二人:あははははは!
高須:あれねー。
松本:「走るスラム」言われてた。
高須:いや、もう、びっくりしましたよ。俺も。
二人:あはははははは!

高須:えんじ色。
松本:えんじ色ですか、あれ。
高須:えんじ色。
松本:あれはほんま、びっくりしたなあー。
高須:え、でも、俺はね、あ、ええやないのと思ってたよ。
松本:クーラーもなかったもんな。
高須:クーラーないです。
松本:インドの車でクーラーないって。インドの人間、ほんまに乗ってたんかい言う話なんですよ。
高須:送風や。送風。だから。
松本:ねえ!
高須:うん。うわあー。しかも、
松本:うん。
高須:まあ、あれ結局、1年半ぐらい乗ったんですかね。
松本:うん。
高須:3回止まりましたね。道のど真ん中で。
松本:ああ。それ、3回やったらええほうやで。あれ。
高須:ほいで、チョークがついてんねん。
松本:うん。
高須:チョークって、自分、知らん?
松本:ああ、チョーク。昔ありましたよ。
高須:昔、軽トラとか乗ったら、こういう何か、
松本:あれは結局なんなの?チョークって。
高須:何かをたくさん入れ込むのよね。空気かガソリンか、
松本:ちょっとした、あのう、
高須:燃えやすいように。
松本:荒療治みたいなことなんかな。
高須:そう。そう。そう。そう。
松本:あのう、人間が死にかけた時に電気ドーン!みたいな。
高須:うん。みたいなこと。まあ、まあ、そう。
松本:決していいことはない、負担は大きいけど、背に腹は変えられへん的な、
高須:はははは。そこまでひどくはない。
松本:もんでしょう?あれ。まあ、言わば。
高須:はははは。そこまであれじゃないですけど、
松本:ええ。
高須:でも、まあ、たくさん入れ込んで、
松本:ええ。
高須:こう、バーンって。まあ、中での爆発をこう大きくするんですよ。
松本:ええ。ええ。
高須:で、それで動き出すんですけど、
松本:ええ。
高須:それがチョークやろうとも、
松本:まずチョークなんか付いてないからね。今の車。
高須:付いてないのよ。普通ね。
松本:うん。うん。
高須:昔の、俺が小学校時代のうちの親父が乗ってた軽トラに付いてるぐらいなんですよ。
松本:うん。うん。
高須:で、それをやったら、普通止まらないんですよ。
松本:うん。
高須:「ウウーーン」言うて。温めるから。
松本:うん。
高須:で、僕のもグッてやって。冬場ですよ。
松本:アンバサダー。
高須:うん。インドって暑い国ですわな。
松本:そうですよ。
高須:冬場乗りきったことないわけですよ。
松本:あははははは。
高須:うちのアンバサダーは。
二人:はははははは。(トン、トン、トン←机を叩く音?)
高須:初めての冬ですよ。
松本:なるほど!
高須:うん。全然、夏場はええけど、冬場なんか来たことないアンバサダーが、
松本:うん。
高須:冬場のためにチョークつけてやってるけど、「プスン、プスン、プスン、プスン、プスン…。プスン、プスン…」
松本:そら、そやわ。Tシャツで来てんねんもん。
高須:Tシャツで来てんねんもん。
松本:あははははは!
高須:すぐ風邪ひくわいな。短パンやしね。
二人:あははははは!
高須:裸足の、短パンやし。
松本:ねえ。ゴム草履で。
高須:いや、ほんまやで。玉丸出しで。
二人:あはははははは。
松本:びっくりしたんやから!ほんまに。
高須:いやあ、びっくりするよ。
松本:あれ、ワイパーもさ、ワイパーのあれもさ、
高須:うん。
松本:速い・速くないの2種類ぐらいしかなかったやん。
高須:2種類しかなかった。なかった。
二人:あはははははは!
松本:大・中・小じゃないねんね。
高須:いや、ほんまにそんなんやったねー。ボロボロやったねー。
松本:速い・速くないって、どっちかやったやんか。
高須:そんなんやった。いや、でもね、あれで僕、走ったら、みんな見てくれましたよ。うわっ、なんやあの車?!とかって。
松本:まあ、まあ、格好よくはなかったですからねえ。
高須:あれで僕はあのう、あそこ行きましたからね。河口湖。
松本:ああー。
高須:浜田が「よう来たな!この車で!」言うて。
松本:「ガキ」の釣り大会の時でしょう?
高須:うん。「ようこれで来たなあ!」
松本:アンバサダー。
高須:でも、冬場はもう。だから冬場ずっーと、あのエンジンかけたら、
松本:うん。
高須:あのアクセルをちょっと吹かし気味で、
松本:うん。
高須:軽ーく踏んだ状態で、「ウウウウウーーン」言うて。
二人:ははははははは。
高須:エンジンはずっと温めておかんと。
松本:すっーと、こう、呼んどいたらな。
高須:呼んどいたらんと。
二人:はははははは。
松本:老いの連続やもん。
高須:老いの。ははははは。
松本:「おい!おい!おい!おい!」言うとかなあかんねん。
高須:うん。そうやないと目つぶってまいよる。目つぶるから、すぐ。
二人:あははははははは。
松本:廃車にしてしまえ。はははは。
高須:はははは。だから、でもそれで、あ、大丈夫やなと思って、
松本:ええ。
高須:乗るやんか。
松本:ええ。
高須:乗って、ちょっと長い信号やったら、
松本:うん。
高須:「ウウウン、ウウウウン」
松本:ははははははは。
高須:「ウウウウン、ウウウウン、ウウウウーン」
松本:わかる。わかる。
高須:止まってまいよんねん。
松本:わかる。わかる。「いつでも、」
高須:はははは。
松本:「いつでも、俺、あの世行けるから」みたいな。
高須:おまえ、おまえがその音出したらあかんやろう!こんだけ走って!と思って。
松本:ははははははは。
高須:はははは。こんだけ。何km、
松本:もう、あの、「家族のみなさん、もうそろそろ集まっといてください」言うて。
二人:ははははははは!
高須:おまえがここで。まだまだ道のりあんのに。
二人:ははははははは。
高須:「家族呼んでくれ」言われたら。
松本:「家族呼んでくれ」。
二人:あはははははは!
高須:それは。アンバサダー、きついで。
二人:おほほほほ!
松本:まだ若っいでー。
高須:若いでー。まだ。はははは。まだ若いのに、すぐ。
松本:新車やもんな。だって。
高須:新車やもん!
松本:新車ですよ。
高須:新車ですよ。だから新車でね、
松本:うん。
高須:で、側だけ。俺が聞いたのは、
松本:うん。
高須:側だけインドで、中はなんかいすゞや聞いたんですよ。
松本:絶対、嘘や。
高須:絶っ対、嘘やん。
松本:絶対、嘘です。
高須:いすゞのエンジンがあんな風にならへんもん。
松本:はははははは。
高須:早い。早かったなあー!
松本:早かったってどういうことやん?
高須:いや、その死んだのが。結局。
松本:ああ、死んだのがね。
高須:何回も。1回、
松本:まるでスピードが出てたみたいに言いないな。ははは。
高須:臨死体験、3回あったから。
松本:あははははは。
高須:途中の道のところで。「プスン、プスン…」。
二人:ははははははは。
高須:「死んだ。死んだ。」
松本:上から、俯瞰で自分見てたやろう?アンバサダーが、
高須:見て。何回か。
松本:アンバサダーを。
二人:あははははははは。(パン、パン、パン、パン←手を叩く音?)

← 第245回2006.6.10 - 03:月曜20時枠 | → 第245回2006.6.10 - 05:ギャラの話


☆クローズアップ Amazon

■高須さんの車
アンバサダーの写真をと思ったのですがなかなかなく、左はチョロQのアンバサダーです。現在「4台ぐらいずっと」乗ってらっしゃると言うレンジローバーは、「ガキ」のヘイポー裁判で、ヘイポーさんが助手席から落ちて大騒ぎしたエピソードにも登場しています。
もっと詳しく見る


第245回松本人志の放送室 - 03:月曜20時枠

松本人志の放送室第245回:月曜20時枠 (1:50~)
松本:今日ぐらい、あんた、何かあるんでしょうね!もう毎週、毎週、「何もない」。何もない記録、何ヶ月続いてる思うてんねんな。
高須:何もないですよ。そら、もう。また。
松本:ええー!
二人:はははははは。
高須:だから必死ですよ。背筋正して。必死ですよ。
松本:あのね、
高須:なんか来るもの、細かいもんでも落ちてたら拾っていくよ。
松本:ちょっと、1回なんか行っといで。その、なんかこう、レポートみたいな。
高須:あのね、
松本:うん。
高須:そう。いや、ほんまね、
松本:うん。
高須:あんなやったら。ロケ行ってる人は、だから、多いやろうね。
松本:うーん。なあ。
高須:瓶(べい)師匠、やっぱり話あるのは、あの人ロケ行ってるからやで。
松本:ああ、そうかねえー。
高須:やっぱり、変なこと聞いてるし、
松本:うーん。
高須:ありえへんことが起こるねん。
松本:瓶さん。
高須:うん。

松本:あれ、あのう、瓶さんの「乾杯」。
高須:うん。
松本:なんで、あれまた、あの「HEY!HEY!」の裏のあの激戦区にやって来たんでしょうね。
高須:わかれへん。でも、結構取る時もあるんですよ。
松本:そうなんですよ。
高須:そうは言うても。待ってください。
松本:ただ、なんであっこに来る、来たんかなあ思うてね。
高須:まあ、わからないですけどねえ。
松本:うーん。
高須:まあ、でも、NHKさん?
松本:うーん。
高須:は、やっぱり、瓶師匠のこれで、まあ、打って出るにはこれや!思うたんやろね。
松本:うーん。もう、俺、もう、あの枠辞めたいんですけどねえ。
高須:はははは。辞めたい言いなや。ええやないの。枠あるだけでもありがたいと思わなあかんで。
松本:ははははは。
高須:辞めたいってどういうことやねん。
松本:いや、いや、いや。あれ、ほんま、もう、しんどいっしょ?
高須:いや、そんなの、
松本:取り合いが、もう、すごいんですよ。
高須:いや、どこもそうです!
松本:どこもそうかあ。
高須:枠っていうのはそういうとこです。もう、どこもすごいですよ。
松本:恐ろしいなあー。
高須:恐ろしい時代ですよ。戦国時代ですよ。
松本:戦国時代ですね。
高須:お笑い戦国時代ですよ。
松本:それ、お笑いでも、ははは、ないですけどね。
高須:お笑い。違いますか。はははは。
松本:あの、他局はお笑いではないですけどね。
高須:笑いではないですけども。
松本:ええ。いや、いや、いや、ほんとびっくりしますわ。

← 第245回2006.6.10 - 02:今日のたかすちゃんの台所事情 | → 第245回2006.6.10 - 04:たかすちゃんのアンバサダー


☆クローズアップ Amazon

■笑福亭鶴瓶さん
トーク中の「乾杯」はNHKで月曜20時から、「HEY!HEY!HEY!」の真裏で放送中の「鶴瓶の家族に乾杯」。鶴瓶さんが日本中をめぐる旅バラエティです。

たびたびトークにお名前が挙がる鶴瓶さん。松ちゃんは「いろもん」で共演した際のエピソードを交え、「すごい。強いなあ。俺は確かに、この人は奥の深い人やなあと思ったわ」と語っています。

落語家、タレント、俳優とその多彩な才能で、ドラマ「タイガー&ドラゴン」では貴重な寄席シーンも披露。「Happy!」では浜ちゃんと共演!映画「ディア・ドクター」も感動ものです。

左は09年7月号の雑誌「SWITCH」。一冊まるごと、鶴瓶さん特集!「鶴瓶噺」や「無学」のドキュメント、そしてタモリさん、志の輔さん、aikoさん、さまぁ~ず、浅野忠信さんが語るインタビューなどボリューム満載。高須さんも登場されています!
もっと詳しく見る


第245回松本人志の放送室 - 02:今日のたかすちゃんの台所事情

松本人志の放送室第245回:今日のたかすちゃんの台所事情 (オープニング)
松本:はははは。どうもー!えー、松ちゃん協定です。
高須:どうもー。ディセンバーみつよしです。
松本:おー!
高須:な?
松本:うん。
高須:ちょっと、わかれへんやろう?
松本:今日、あのう、本番前からね、
高須:うん。
松本:いいのがない言うて。
高須:あははは。
松本:えらい不作。
高須:いや。いや。はははは。
松本:不作やでとは、聞いててんけど。
高須:いや。いや。いや。

高須:「ディセンバー」って言われても。「12月」言われても。
松本:うん。うん。うん。うん。うん。
高須:ま、僕、誕生日やからかなと思ったこともあったんですけども。
松本:うん。うん。うん。うん。あ、でも、そういうことやろうね。
高須:そこしか設定ないんですよ。
松本:ないですよね。今は、もう全然。6月ですからね。
高須:ただ、この時期にディセンバーちゅうのもね。
松本:うん。うん。うん。
高須:なるほど、
松本:ただ、まあ、
高須:トリッキーやなと思って。
松本:そこに頼らざ、ならざ、、、あははははは。
高須:ははははは。
松本:頼らざるを得んかった、たかすちゃんところの台所事情。まあ、まあ、察して余るもんがあるわな。
高須:はははは。はははは。もう、ほら。
松本:うん。
高須:ははははは。はい。そうですね。
松本:ね。
高須:いやあ、もう、今日はちょっとね。
松本:ええー。
高須:まあ、でも、まあ、ありがとうございます。
松本:はい。はい。ええ。
高須:ね。
松本:頑張ってくださいね。
高須:耳栓なしです。
二人:あはははははは!
松本:くそみそやがな。
高須:ははははは。嘘。嘘。送ります。送ります。
松本:あはははははは。
高須:送りますよ。

← 第245回2006.6.10 - 01:今週の曲 | → 第245回2006.6.10 - 03:月曜20時枠


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

第245回松本人志の放送室 - 01:今週の曲

【サマリー】
「暑なってきたねー」と始まる3年前の6月の放送回。鶴瓶さんの話、歴代の吉本マネージャーのこと、大崎さんやヘイポーの話など。随時アップします。


☆今週の曲 Amazon

そして、神戸 / 内山田洋とクール・ファイブ
前川清さんがボーカルを務めた6人組グループ、クール・ファイブの1972年のシングル。神戸を歌った代表的な一曲です。放送室では他にも「長崎は今日も雨だった」が、第331回で流れています。



← 第244回2006.6.3 -  | → 第245回2006.6.10 - 02:今日のたかすちゃんの台所事情


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。