カテゴリー  [第331回2008.2.2 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第331回松本人志の放送室 - 06:ミツヨシ・タカスのジャズダンス

松本人志の放送室第331回:ミツヨシ・タカスのジャズダンス (46:10~)
松本:でも、やっぱ、あなたは運動ですよ。
高須:運動ですね。
松本:俺が見てても、なーんにも運動してないわ。
高須:そうやねん。
松本:ええ。
高須:だから私はもうゴルフを始めようと思ってます。
松本:ゴルフなんかあかん!
高須:はははははは!
松本:あんなもん、全然あかんわ。
高須:ほんまですか?
松本:あんなもん、何にもなれへんわ!
高須:じゃあ、何やったらいいんですか?
松本:あのう、カート乗るでしょう?ゴルフも。
高須:うん。うん。うん。
松本:走って行くんやったらいいですよ。次のホールまで。
高須:全部ね。10kmぐらいありますからね。
松本:はい。あれカート乗ってるようじゃ、もう何にもならへんですわ。
高須:何にもならへんと。なるほど。ほな、何やったらいいんですか?
松本:え?
高須:格闘技?格闘技?
松本:いやいや、そこまで40過ぎてやる必要ないけども、
高須:ちょっとした、やっぱし、
松本:ジャズダンスやろう。自分やったら。
高須:あ、ダンスね。
松本:いろいろ考えたら。自分の性格、
高須:うん。
松本:歩んできた道。
高須:道。
松本:これからやっていくこと。
高須:うん。うん。うん。
松本:えー、髪型。
高須:うん。髪型。
松本:ジャズダンスやろ。ははははははは。
高須:おー、髪型もふまえた上で、ジャズダンス。
松本:ええ。好きな食べ物、
高須:なんかね、なんかね、
松本:配色。
高須:いや、服のね、配色とか。
松本:はははは。
高須:親父の血筋。
松本:親父の血筋。
高須:ははははは、うん。
松本:これからの歩み方。
高須:歩み方。歩き方、
松本:歩き方。
高須:うん。うん。うん。
松本:鼻の開き具合。
高須:開き具合。全部考えた上で、
松本:ジャズダンスやろう。
二人:ははははははは!
高須:おお、そんなに。いや、でもね、これ、ジャズダンスって言われて、
松本:ええ。
高須:まあ、「なんでやねん!」とはあんまり、
松本:あながちね。
高須:あながち言われへんとこありますなあ。
松本:ジャズっぽいもんね。自分。
高須:あ、そうですか?
松本:うん。
高須:あ、じゃあ、そういうとこあんのかね?ちょっと、どっか。
松本:うん。
高須:なるほどね。ジャズダンスね。
松本:うん。
高須:でも、ダンスっていうのはあるかもしれへんね。
松本:ダンスはありますよ。
高須:あ、ほんまやねえ。
松本:うん。これ、僕がなんとなく言ったことが、
高須:意外に、
松本:意外に、っていうことが。
高須:こっからシニアの部で俺が優勝していくかもわからへんみたいな。
二人:あははははははは!
高須:日本全国優勝みたいな。
松本:なるほど。どっかの海外の、まったく知らんやつも、
高須:うん。
松本:ジャズダンスが好きな外人やったら、
高須:やったら、
二人:ミツヨシ・タカス。はははははははは!(パン←手を叩く音?)
高須:天性の鼻の形。
(パン、パン←手を叩く音?)
高須:はははははは。歩き方。
二人:あははははははは!
松本:家帰って、ポスト開けたら、エアメール入ってるみたいな。
高須:エアメール入ってるみたいなね。
松本:また、違うとこから。
高須:外人からの。オーストラリア人からの。
二人:あははははははは!(ドン、ドン←机を叩く音?)
高須:「ダンス見たで」と。
松本:「ダンス見たで」と。
高須:はははははは。その、「感銘受けました」と。
松本:「俺は今までジャズダンスなんてと思ってたけども。」
高須:いやあ。いや、思ってたけど。そんなんあるかもしれんからね。
松本:うん。はははは。
高須:これ、あながち、わかりませんよ。こっからやって、シニアの部で。
松本:もう、ポストぱかっ開けたら、バサバサバサバサバサッー。
高須:あははははは!(パン、パン、パン、パン←手を叩く音?)エアメール。
松本:エアメールが、もう。
高須:いや、あるかもしれへんね。
松本:ええ。
高須:あるかもしれへん。これ、あながち、
松本:ははははは。
高須:嘘やないですよ。
松本:あるか!
二人:はははははははは。
松本:あるか!
高須:どんだけ、のめりこんでんねん、俺。
二人:はははははははは。

← 第331回2008.2.2 - 05:長崎は今日も | → 第332回2008.2.9 - 01:今週の曲とサマリー


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

スポンサーサイト

第331回松本人志の放送室 - 05:長崎は今日も

松本人志の放送室第331回:長崎は今日も (38:00~)
高須:曲、行きます。ええー、長崎は今日もあめ、あめまった
松本:うわあっーーー!
高須:あははははは!
松本:あめま?!
高須:あははははは!
松本:寛平兄やん?!寛平兄やん、こんな歌、歌うてたんや!
高須:(パン、パン、パン、パン←手を叩く音?)
松本:カバーしてんねや!
高須:あー。
松本:クールファイブのカバー。
高須:あははははは!
松本:「長崎は今日もあめまだった」?!
高須:こんな元気やねんで。
松本:寛平兄やーーん!
高須:こんな元気やねんで。
松本:寛平さーーん!
高須:こんな元気やねんで。
松本:ははははは。
高須:どこに肺に炎症があんねんな。
二人:あははははは。
高須:長崎は今日も雨だった。内山田洋とクールファイブ。

← 第331回2008.2.2 - 04:善玉さんと悪玉さん | → 第331回2008.2.2 - 06:ミツヨシ・タカスのジャズダンス


☆クローズアップ Amazon

■寛平兄やん
吉本の大御所、間寛平さん。「ア~メ~マ~!」「かいーの」「アヘ、アヘ、アヘ」と並ぶ寛平さんの代表ギャク。今はその健脚を武器に、マラソンとヨットで世界一周にチャレンジされています。その過酷な挑戦に、松ちゃんもたかすちゃんも感嘆していました。またほんわかするお笑いでの寛平さんを観られるのも楽しみです。
もっと詳しく見る


第331回松本人志の放送室 - 04:善玉さんと悪玉さん

松本人志の放送室第331回:善玉さんと悪玉さん (19:50~)
松本:で、これを機にですね、
高須:うん。
松本:これを機にと言うか、MRIも撮りましたし。
高須:おお!
松本:MRIって何でしたっけ?
高須:MRI。体をこう、輪切りにしていくやつですよ。
松本:あ、そうです、そうです。で、レントゲンも撮りましたし。
高須:何かありましたか?
松本:何にもないんですよ。
高須:健康体?
松本:はい。
高須:いいですねえ。あなた。
松本:もうね、ほんとに。あ、血も採って、尿も採ってやりましたけど。
高須:うん。
松本:一応、一通り調べたんですけど。
高須:何にも引っかかれへんの?
松本:何にも引っかからないんですよ。
高須:自分、健康体やなあー。
松本:だからもう、痛風の疑いもなければ、あのう、なんや、
高須:中性脂肪もないし、
松本:うん。大丈夫。
高須:コレステロール値も全然、
松本:そう。そう。そう。そう。そう。
高須:尿酸値も大丈夫。
松本:悪玉菌と善玉菌のバランスが、もう、ハンパねえ言うてたで。
高須:あれ?トータルテンボスやんか。
二人:あはははははは!

松本:知ってますか?悪玉菌と善玉菌がいて、もう1人ナントカ菌がいるんですよ。えーとね、
高須:そこもう、ちゃんと言わなあかんのちゃう?大丈夫?
松本:いや、これがね、なんかいうやつなんですけどね。
高須:うん。
松本:こいつがたち悪いんですよ。
高須:うん。
松本:こいつが、
高須:うん。
松本:あのう、「みんな、仲良うしようや」言うてんるですけど。
高須:うん。
松本:基本的には。
高須:うん。
松本:強いほうに付くんですよ。
高須:うわっ。
松本:こいつがたち悪いんですよ。
高須:そいつが悪玉菌のほうが強いと思ったら、
松本:悪玉菌がぐんぐんセールス伸びてきたら、
高須:うん。悪玉、
松本:悪玉菌のファン、ワンフーになりよる。
高須:うわ、もうそれ最悪や。
松本:チケット買い出すんですよ。
高須:うええっー?!出待ちしよんの?
松本:はははは、出待ちしよる、
二人:はははははは。(パン←手を叩く音?)
松本:これが、病気の元なんですよ。
高須:うわ、それいかんやんか。
松本:で、これ、善玉菌がええ感じで行ったら、
高須:うん。
松本:もう、「善玉さん」言うて、
高須:なるほど。
松本:もう、あの、ちょっと、
高須:「師匠、師匠」言うて。
松本:「師匠」言うて、
高須:善玉菌のほうに。
松本:色紙持って行きよる。
二人:あはははははは。


← 第331回2008.2.2 - 03:肺炎の原因は?! | → 第331回2008.2.2 - 05:長崎は今日も


☆クローズアップ Amazon

■ハンパねえ
「ハンパねえ」、「しのびねぇな」「構わんよ」の台詞で人気のトータルテンボス。アフロでツッコミの藤田さんとボケの大村さんは小学校時代の同級生だそうで、97年にコンビを結成。最終出場年となる07年M-1では、敗者復活で優勝したサンドウィッチマンに次ぐファイナリストに。松ちゃんは93点をつけています。08年11月には、厳選された漫才11本が収録された「漫才ベストライブ・『しのびねぇな。かまわんよ。』」がリリースされています。
もっと詳しく見る


第331回松本人志の放送室 - 03:肺炎の原因は?!

松本人志の放送室第331回:肺炎の原因は?! (18:45~)
高須:肺炎って何が原因なん?
松本:ほんまはね、もっと咳出なおかしいやろね。
高須:何の原因?
松本:咳があんま出えへん。
高須:何の原因?
松本:結局、肺にウイルスが入ったんやね。頑張りすぎて。だから、要するに、
高須:待って、待って、ちょっと待った。はい、ステップ!ホールドアップ!
松本:ステップ!って。はははははは。
高須:フリーズ!フリーズ!
松本:あははははははは。
高須:ちょっと待て。あの、待て。
松本:なんやねんな。
高須:何?何が入ったって?肺に。
松本:ウイルスや。
高須:ウイルスにやられとんねや。明らかに風邪と同じようなウイルスが、
松本:うーん。
高須:肺に入り込んだんや。
松本:いや、違う、違う。それも、
高須:うん。
松本:全部、ひっくるめて、
高須:うん。
松本:あの、例えばあのう、「笑ってはいけない」。
高須:ははははは。なんで「笑ってはいけない」。
松本:「笑ってはいけない」の時に、
高須:うん。
松本:俺はそのうなんか、ウイルスを注入された記憶があんねん。
高須:はははは、誰にやの?はははは。
松本:ササッと。
高須:どこにや?はははは。
松本:あの、ケツ叩きに来るやつに。はははは。
高須:むちゃくちゃ。
松本:痛い!痛い、痛い、痛い!と思って。
高須:いやいや、むちゃくちゃ言いすぎや。むちゃくちゃ言い過ぎ。これはむちゃくちゃ言い過ぎ。
松本:はははははははは。
高須:そんな。無理あります。だからウイルス入り込んどるわけやな?
松本:だから頑張りすぎてね。
高須:自分、ひどいな。結局、
松本:ただ、肺炎ってわかってからの、この驚異の、ははは、もうしつこいな。
高須:ははは。しつこいな。ほんま、自分。
二人:はははははは。

← 第331回2008.2.2 - 02_4:松ちゃん肺炎から復活 | → 第331回2008.2.2 - 04:善玉さんと悪玉さん


☆クローズアップ Amazon

■笑ってはいけない病院24時
松ちゃんがウイルスを注入された(?)「笑ってはいけない」は07年年越しSP「病院24時」初の全員参加で、翌年の「山ちゃん裁判」や「新聞社」にも登場した蝶野さんはこのSPで初登場!「いやあ~!」とおびえる山ちゃん、二人きりになるダウンタウンのトーク、笑瓶さんのマル秘写真、入院患者の東幹久さん、板尾さんのブラックジャックなどなど、DVDは盛りだくさんの必見シーンに未公開映像を加えた4時間半のボリュームです!
もっと詳しく見る


第331回松本人志の放送室 - 02_4:松ちゃん肺炎から復活

松本:もうニュースってなんであんなええ加減やのっていう、
高須:うん。うん。
松本:ちゃんと調べたらわかるやんか。なんで、俺、もう俺ねえ、インフルエンザやないでって言うののメールでもしんどかったんですよ。

松本:ほいで、肺炎なら肺炎で、肺炎って言うたらええのに、
高須:うん。
松本:今度はなんかね、「肺に炎症」みたいな言い方してるんですよ。
高須:うん。また怖いな、なんか。
松本:肺炎でええやん。
高須:肺になんかこう、
松本:そうでしょう?!
高須:腫瘍がある感じの。
松本:肺に炎症言われたら、これ長引くでーみたいな感じでしょう?
高須:重いでーみたいなるなあ。
松本:これでまた心配して、なんか電話してきたりメールしてくる人もいるんですよ。
高須:ああ。そうね。
松本:「いや、違うんや」と。「まあ、肺炎や」と。
高須:なんや自分、結構メール来て返してんのかいな。ちゃんと、まめに。
松本:そうですよ。それはだから、普通なら、
高須:えらい元気やんか。
松本:いや、もう温水なら無理ですよ。
高須:いや、ははは、温水さん、
松本:携帯も持てない。あの、
高須:あのね、温水さん、
松本:ピーのスイッチも、パカッのあれも開けれないですよ。温水なんて。
高須:ははははは、あのね、あの、
松本:ははははは。
高須:温水さんのことを「温水」って言うのもいい。何言うのもええ。むちゃくちゃや!
二人:ははははは。
高須:頑張っとる。もうちょっと。
二人:ははははは。

← 第331回2008.2.2 - 02_3:松ちゃん肺炎から復活 | → 第331回2008.2.2 - 03:肺炎の原因は?!


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

第331回松本人志の放送室 - 02_3:松ちゃん肺炎から復活

松本:でも、
高須:うん。でも?
松本:これがね、軟(やわ)な男やったら。これ、温水やったら、まだ寝てますよ。
二人:はははははは。
高須:わからへんがな、温水さん、タフガイやで。ああ見えても。
松本:はははははは。
高須:何を根拠に温水さんをそんなこと。
松本:温水やったらこれ、入院してますよ。これ。
高須:入院、入院してないよ。別に温水さんもちゃんとやりますよ。
松本:そうでしょう?もう全然出てきてないですよ、まだ。
高須:出てきてるっちゅうねん!
松本:空撮で、もう屋上で手振ってるぐらいですよ。
高須:はははははは。
松本:温水やったら。
高須:どんだけ弱いねん!温水さん。
二人:あはははははは!
高須:どんだけ弱いねん、温水さん。温水さん、全然弱ないわ。頑張っとるわ。
松本:あはははははは。ね。
高須:頑張り屋。
松本:ボイラー室から出てこないですよ。「寒い」言うて。
高須:あはははははは。

高須:結局、1週間休んどるわけやからね。
松本:うん。いやまあ、1週間。まあ、1週間、
高須:だから、びっくりしたんですよ。結局、
松本:うん。
高須:正月休みで、
松本:ええ。
高須:1日、あのう放送室やっただけで、
松本:うん。
高須:あともう1回、1週間休んでるわけですよ。
松本:だからね、これ、放送室は、いやこれ、ほんとにありがたいと思ってくれなあかんねえ。放送室だけは穴開けてないからね。
高須:ははははははは。
松本:放送室だけ、無傷なんですよ。
高須:無傷なんですよ。これ、えらいもんですよ。
松本:ははははは。
高須:で、あとは全部。
松本:うん。
高須:一番、金かかってない放送室が。ははははは。
松本:そうなんです。そうなんですよ。そうなんです。
高須:一番、金かからへん、休んでもなんとかなりそうな感じの、
松本:ほんとそうよ。いや、そうなんですよ。
高須:放送室が。
松本:で、俺にとっての放送室って、どーでもええからね。
二人:はははははは。
高須:それが休まずきて。穴開けずに。
松本:ええ。そうなんですよねー。
二人:あははははは。
松本:不思議なことですよね。
高須:不思議なことですね。

← 第331回2008.2.2 - 02_2:松ちゃん肺炎から復活 | → 第331回2008.2.2 - 02_4:松ちゃん肺炎から復活


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

第331回松本人志の放送室 - 02_2:松ちゃん肺炎から復活

高須:俺もうほんま、恥ずかしかったわ。こいつ、ようラジオであんだけ言うといて、
松本:だから、なってない言うてんねん。はははは。
高須:いやいや、風邪こじらせとんねん。現に風邪から来とんねん!
松本:あはははは。
高須:ちっちゃな風邪で、
松本:いや、全然。それは全然。
高須:ゴホンゴホンがもう、
松本:違います。
高須:肺に来てもうて。
松本:これはもうほんとに、頑張り屋さんが、ブレーキが効かず。でもね、
高須:俺、もう弱いなあ、弱いなあ!思うたで。
松本:あのね、これ、まあ、織田に聞いてください。
高須:うん。
松本:まったく弱くないんですよ。これ、びっくりしましたよ。
高須:じゃあ、何ですか?聞きましょうよ。
松本:あのね、
高須:うん。
松本:そのう、最初えらい熱が出て、
高須:うん。
松本:どうたらこうたら言うて。で、僕、まあ、頑張り屋さんですから、
高須:うん。
松本:3日ぐらい放置してたんですよ。
高須:うん。
松本:大丈夫、大丈夫言うて。
高須:うん。うん。うん。
松本:それでも熱がいまいち治まれへんいうことで、
高須:うん。うん。
松本:まあ、救急病院に行ったんですよ。
高須:うん。うん。
松本:救急病院なんか大して調べれないんですよね。
高須:うん。うん。
松本:で、まあまあ風邪でしょうみたいなことで、また薬もらって3日ほど様子見ましょう言うて、
高須:うん。
松本:で、その3日間ぐらい薬飲んでも、いまいち効けへんから、
高須:うん。
松本:あ、これはいかんぞということで、いよいよちゃんと病院行ったんですよ。
高須:うん。
松本:で、そこでレントゲン撮ってなんやして、
高須:うん。
松本:肺炎って、
高須:うん。
松本:わかったんですけど。
高須:うん。
松本:この肺炎ってわかってからの、
高須:うん。
松本:この回復力はもう、もう、びっくりしますね!
高須:いや、何、
松本:もう次の日にはもう俺、完全に普通になってからね。
高須:いや、もう。いや、織田、無茶苦茶や。
松本:肺炎からここまでの、
高須:織田、織田、
松本:このグイーーン持っていく、
高須:いやいやいや、ははは、知らんがな。その幅はどうでもええねん。そんな、
松本:はははははは。
高須:上がり具合はどうでもええねん。そんな。
松本:違う、な?ほいで、もう、あのう、病院行って「すいません。あの、ちょっと熱は今だいぶ治まったんですけど、あのうどうなんですかね?」ってこんな感じなんですよね。「ああ、そうですか」で、「ちょっとまあ診ましょう」、
高須:絶対、違うわ。
松本:いや、ほんまや。な?
高須:織田、もうそんなんええねん。
松本:違う、ほんまやねんて!
高須:そんなん言わんでええねんて、織田。
松本:ほいで、「じゃあ、わかりました。じゃあ一応、お熱計りましょう」。
高須:うん。
松本:「まあでも、今、治まってるんですけどね」って計って、
高須:うん。うん。
松本:なんぼやったと思う?
高須:9度なんぶでしょう?
松本:39度5分ですよ。
高須:でしょう?
松本:30、もうね、もう、全員が「おおっー!」
高須:いやいやいやいや。
松本:「なんや、このバイタリティ!?」
高須:いや、バイタリティはないない。ないない。
松本:ははははは。
高須:病院行っとるわけやから。
二人:はははははは。
高須:もう寝込んで、風邪で寝込んで休んどるわけやから。
松本:これはやっぱりね、ハンパな男根やないですね。
高須:いや、でも聞きましたよ。あなたの男根、素晴らしいかもしれません。
松本:ええ。
高須:もちろんね。
松本:ええ。ええ。
高須:それはもうじゃあ、認めましょう。
松本:青い血管がものすごい。
高須:何本もあったと。
二人:ははははは。
松本:何本もあるわけですから。
二人:ははははは。
高須:で、それはいいですよ。それは、
松本:網目状に張り巡らされとるわけ。
高須:いや、あなたの男根はわかりました。
松本:はははははは。
高須:その青い血管が何本浮き出すかわかりません。それはわかりました。でも、
松本:はい。はい。
高須:それを見た松本人志は、
松本:ええ。ええ。
高須:愕然としたという情報も受けとるわけですよ。
松本:いや、愕然となんかしてないよ。
高須:いやもう、そっから明らかに風邪に負けていきよる、
松本:いや、ははは、違うわ、あほ!全然違います。
高須:もう体温計を見た後に、「ヒヤァ~~」。
松本:ははははは。全然、ないですよ。僕、ほんとにね。これ、なんすかね。
高須:いや、逆に言うと、言うてましたよね?あなた、別に体温計なんか見いひんと。
松本:うん。見いひんねん。だから家にも体温計なかったんですよ。
高須:ほいで、見て、ひるんだんでしょう?!
松本:ってことはね、
高須:明らかに!
松本:ってことはね、
高須:違うねん。
松本:治まって病院行ってるわけ。もう、ふつーうに歩いとるからね。何のあれもなく。
高須:うん。うん。うん。うん。
松本:ほいで、9度5分ですよ。だからあれ、夜にあれ出てた時って、あれ40度越えとるわけやなあ。
高須:そんなことはない。そんなことはない。いや、織田、
松本:いや、ははは、いや、いや、いや、いや、いや。そんなことあるでしょう。
高須:そんなことないですよ。もう、全然そんなことないですよ。
松本:え、何を根拠にそんな。
高須:何かをね、なんかすごい自分をね、男根豊かな男にしようと思ってるけど、
松本:ははははははは。
高須:そんなことないですからね!
松本:男根は豊かじゃないですよ。
高須:ははははははは!
松本:1個しかないですからね。
高須:はははは、そうですね。
松本:何本もないですからね。あははははははは!
高須:豊かではない。豊かではない。何本もあるわけじゃない。

← 第331回2008.2.2 - 02_1:松ちゃん肺炎から復活 | → 第331回2008.2.2 - 02_3:松ちゃん肺炎から復活


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

第331回松本人志の放送室 - 02_1:松ちゃん肺炎から復活

松本人志の放送室第331回:松ちゃん、肺炎から復活 (0:30~)
高須:いやあ、風邪が流行ってるんですかね?
松本:風邪、流行ってるんですか?知らないですよ、僕は、全然。もうねえー。聞いてもらえます?
高須:聞くよ。
松本:いかに、
高須:うん。
松本:あのう、報道って言うか、
高須:うん。
松本:ああいうのがええ加減かっていうのが、よくわかりますよね。
高須:どういうことですか?
松本:ちょっと僕、床に伏せてたじゃないですか。
高須:ちょっとどころじゃないですよ。
松本:いや、それがちょっとなんですよ、実は。これも僕、ちょっと言いたいんですけどね。
高須:そこの「ちょっと」と、ここのまた「ちょっと」。まあ、いいや、聞こう!うん。うん!うん!
松本:ね。
高須:うん!
松本:なんかあのう、どこで誰が何を言うてそうなってんか知らんけど、
高須:うん。
松本:俺、インフルエンザってことになってるでしょう?
高須:まあでも、結果、
松本:まったく違うからね!
高須:何やった?結局。
松本:肺炎ですよ。だから肺炎とインフルエンザはもう、俺の中でまったく違うわけ。もう俺はね、プライドが傷つくねん。
高須:あははははは。
松本:もう全面否定するからね。インフルエンザなんて絶っ対ならへんし。まずね、インフルエンザって、これだけインフルエンザが流行る流行る言われてんのに、
高須:うん。
松本:もう何やってんねん!と僕はもう、その、仕事における責任感とかね、
高須:ははははは。
松本:なんか、おまえは一体どうなってんねんと!
高須:うん。ははは。
松本:危機管理能力ゼロなんかと!
高須:と思うわなあ。
松本:思うんですよ。
高須:うん。うん。うん。
松本:だから絶っ対ならないですよ。
高須:うん。インフルエンザはね。
松本:ただ、
高須:うん。
松本:肺炎は、
高須:うん。
松本:これはもう年末からの、
高須:うん。うん。
松本:逆に頑張り屋さんが、
高須:うん。
松本:たたって。
高須:うん。たたって?
松本:男・松本っていうとこです。逆に。
高須:うん。
松本:インフルエンザなんか、そんなのおかまですよ。こんだけ言われてんのに、それを吸収して、
高須:ははは。うん。
松本:それにもう体が、
高須:負けてもうて。
松本:侵食されるなんて。
高須:なんやそれと。
松本:おかまですよ。
高須:おかまですよ。うん。
松本:ただ、肺炎っていうのは、
高須:うん。
松本:もう、これはもう、男根のもう最たるもんですよね。
高須:はははは、あのね、
松本:男根が太いからこそ、
高須:はははは。知らんがな。
松本:かかっていく、
高須:太さはどうでもええがな、そんなもん。別に。
松本:あはははははは!
高須:太いの、太いのは知らんがな。
松本:これ、みんな言うてる。大学病院の先生、みんな言うてるわ。
高須:はははははは。
松本:男根があればこその。
高須:知らん。それ、男根はどうでもええよ。
松本:はははははは。
高須:太いかも知らんけど、それは知りませんよ。
松本:違う!もう、ほんま腹立つんですよ。
高須:でもね、肺炎も、あなたね。
松本:ええ。
高須:風邪から来てる肺炎ですからね。風邪、こじらしとるわけですよ。
松本:いや、風邪は、
高須:現にこじらしたわけですよ!
松本:じゃあ、何故こじらしたんだっていうことをね。僕はね、こじらしたんじゃないですよ。
高須:うん。
松本:むしろ、こじらされた。えー、「笑ってはいけない」。
高須:うん。
松本:それから「ドリームマッチ」。
高須:ははは、それ全部、あんたの仕事やがな。別に。
松本:はははは。いや、
高須:ははは、ギャラもうてなかったらええで、それで。
松本:ははははは。
高須:ギャラももうといて、何を言うとんねん、これ。
松本:いや、だから頑張ったんですよ。頑張ったあかつきの、
高須:うん。
松本:栄光の、
高須:いや、違うよ。
松本:肺炎ですよね。
高須:頑張ったあかつきに、グアム行ってのんびりし過ぎたんや。
松本:頑張った人間のシンボル。
高須:違う、違う、違う、違う。おかしい、おかしい。
松本:トレードマークですよ。
高須:ははは、違う、トレード、どこがやねん。
松本:男根。
二人:ははははははは。
高須:何回、男根言うてんねん。
松本:幹ですよ、幹。
二人:ははははははは。
松本:幹あればこその、
高須:いや、幹はどうでもええ。
松本:樹木ですよ。
高須:幹、そら、そら、そらそうです。樹木はそうですよ。
二人:はははははは。

← 第331回2008.2.2 - 01:オープニングと今週の曲 | → 第331回2008.2.2 - 02_2:松ちゃん肺炎から復活


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

第331回松本人志の放送室 - 01:オープニングと今週の曲

【サマリー】
肺炎でお休みがニュースになった松ちゃん。今週は肺炎から復活トーク。インフルエンザなど違う病名で流れたことに、「芸能ニュースとかのええ加減さ」とご立腹。「ラジオであんだけ言うといて」と責めるたかすちゃんに、「頑張り屋さん」と「回復力」を力説。肺炎の原因は「笑ってはいけない」?!。「これを機にと言うか、MRIも撮りましたし」という松ちゃんは他には何も異常がなく「悪玉菌と善玉菌のバランスが、もう、ハンパねえ言うてたで」。

「知ってますか?」と続いて悪玉菌と善玉菌と「ナントカ菌」のこと。「運動せいって言われてるんですよ」というたかすちゃんは「Wiiフィットを買いまして。おもしろいもんですね」。

点滴中で動いてはいけないと言われた状態で携帯を落としてしまった松ちゃんの話。「さっぶいことばやなあ、KYって。完成度低いよね」。健康に関するトークは続き、今回のことで「いかに強靭な肉体を持ってるか。完全なるぺったん」ぶりがわかったものの「胃カメラだけはちょっと嫌ですけどね」と、胃カメラ検査への疑問。

今週の曲紹介はたかすちゃんの珍噛み「長崎は今日もあめまった」

曲が明けても病院トーク。MRIを実際に受けた松ちゃんは「あれでもよくないわ。思い出すわ。あのこと」と「笑ってはいけない病院24時」でのMRIどっきりについて。「昨日でもね、終わった後ね、山崎と飯行こう言うて。まあ藤原と。行くでしょう?ほんならもうね、家帰ってふっと思い返したら、ほとんど病気の話やったわ。昔は女の話、仕事の話、なんやろうなあ、まあ食い物とかそんなんもありますけど」と年を取ってからの話題の変化。

運動不足のたかすちゃんへ松ちゃんのおすすめは「ジャズダンスやろう。自分やったら」。松ちゃんの全快をお祝いしようと大崎さんからのメール。留守電受付用の音声に、機械と気付かず話してしまう恥ずかしさ。「今日はほんとに終始、病気の話で申し訳なかったですけども。でもいいですよね」、「病気のこと、考えるのもね」、「そう。このラジオを聴いてる人がいくつぐらいの人か知らないですけども、ね。ああ、俺らもそういう時が来るなみたいな、若い人は思うでしょうしね」と健康にまつわるトークが続き、山ちゃんは「56」、たかすちゃんは「61か82かどっちか」と松ちゃんの寿命?予想でエンディング。


松本:どうもー。松ちゃん、、、チャンスです。ははははは。
高須:どうもー。潮江吉兆たかすでーす。ね。

← 第330回2008.2.2 - 01:今週の曲とサマリー | → 第331回2008.2.2 - 02_1:松ちゃん肺炎から復活

☆今週の曲 Amazon

■長崎は今日も雨だった / 内山田洋とクール・ファイブ
前川清さんがボーカルを務めたグループ、クール・ファイブのデビュー曲。当時のメンバーは皆さん実際に長崎出身でした。美しいコーラスに、長崎の風情ある街並みをイメージさせる詞やメロディが相まって大ヒット。今もカラオケで人気の1曲です。独特の歌い回しが印象的な「そして、神戸」、マンションのCMにも起用された「東京砂漠」などと並ぶクール・ファイブの名曲です。
もっと詳しく見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。