カテゴリー  [第345回2008.5.10 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第345回松本人志の放送室 - 02:ベストな結婚?

松本人志の放送室第345回:ベストな結婚?(55:40~)
高須:いや、みんな結婚しはらへんなあと思うて。
松本:うーん。
高須:そりゃあ、あなたもふまえてね。
松本:そうです、そうです。
高須:まあ、私もそうですけども。
松本:そうですよ。
高須:ほんま、なんでせえへんのやろう、俺。したらええやん、もう。
松本:いやあ僕はもう、何回か言うてるかもしれないですけど、何年か前に、
高須:はいはい。
松本:ガキの使いの控え室の時に、
高須:うん。
松本:高須さんがね、
高須:うん。
松本:そのう、豚の生姜焼き定食とエビフライ弁当と、
高須:うん、うん、悩んだ。
松本:二つあったのを、ずっと悩んで、あれでもないこれでもない。
高須:うん。
松本:一回生姜焼き、テーブルのほうに持ってきたのに、
高須:持ってきた。
松本:やっぱちゃうなあ言うて、
高須:うん、うん。
松本:あん時にね、
高須:うん。こいつはないなと。
松本:こいつは結婚できへんなあ。
高須:違うんです。
松本:生姜焼きとエビフライが決められへんようじゃ。
高須:松本さん、違うんですよ。
松本:なんですか?
高須:何かにつけ、ベストを、
松本:うん。これもうエンディング流れてきてるから。
高須:そうそう。
松本:大事な局面やで。
高須:なんでもそうなんですよ。ベストを、
松本:今日のこの、今日のこの、
高須:言うてるやん。俺2回ベスト言うてもうてるやん、もう。
松本:あはははは!345回目のオンエアの出来が、
高須:うん。
松本:決まるからね。キュっと最後締めてや。
高須:うんうん、そう、わかってるよ。
松本:うん。
高須:だから、ベストをね、
松本:あはははははは!
高須:ベストチョイスをしたいというね、
松本:そやろ。
高須:完成、、、要はね、100%、100%を狙いたいんですよ。今日1日、もう最もいい一日にしたいとかね。作品でもなんでもそう。ベストを尽くしたい。
松本:あははははははは。
高須:そこなんですよ、ほんまに。
松本:高須さん、違うんですよ。
高須:え?
松本:僕が、結婚してない僕が言うのもおかしいですけど、結婚にベストなんてないんですよ。結婚生活にベストはあるかもわからないですけどね。
高須:かっこいい。自分、持ってくるかあ。言うねえ、前から考えてたやつを。
松本:あははは!でも、そう思いますよ。
高須:えらい昔から何度も言うてるやつやな、それ。
二人:あははははははは!
高須:今、思いついたようなことやないね。
松本:いやあ、だから、あのう、政治家が選挙にね、当選して万歳!万歳!って言うてるのと一緒なんですよ。
高須:出たよ、出たよ、出たよ。
松本:おまえ、これは万歳じゃないぞと。この先のおまえのこの政策が万歳になるような政策せいよという話。
高須:出た。それも前からもう、
松本:ほんとに目を、二つの目を塗れんのは、
高須:ああ。
松本:おまえが最後、辞める時なんやと僕は思ってるんですね。
高須:出た、出た、もう。それもう、結婚からのフリで、俺をダシに使って、
松本:あはは。
高須:で、それをボーンと言い放つ。やらしい。

← 第345回2008.5.10 - 01:硫化水素での自殺事件から語る報道のあり方 | → 第346回2008.5.17 - 01_1:この番組でしゃべったこと


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

スポンサーサイト

第345回松本人志の放送室 - 01:硫化水素での自殺事件から語る報道のあり方

【サマリー】
吉本の100本映画の話と高須監督の撮影模様。放送室CDがアルバムヒットチャート20位に「すごい話やなあ」。ゴールデンウィークは「英語でしゃべらナイト」くらい「またか?!って」思うから、でっかいことは嫌い?の松ちゃんの英語の習得について。大殺界の過ごし方。チューリップを折る事件、国宝級のものなどに傷を付ける事件、硫化水素での自殺事件から語る報道のあり方。森進一を例に笑いのじゃまになる「さん」付けについて。吉本ライブスタンドのこと。キム兄の離婚から、エンディングは松ちゃんの語るベストな結婚

今週の曲:想い出ぼろぼろ / 内藤康子

松本:どうもー、松ちゃんウェスタンです。
高須:どうもー、マイ高須ラバーです。
松本:お。
高須:ねえ。
松本:懐かしいこと言うねえ。
高須:いやいや、今まだやってはりますからね、マイリトルラバー。
二人:あははは。
松本:あ、そうですか。
高須:懐かしくはないですよ。
松本:ははははは。

松本人志の放送室第345回:硫化水素での自殺事件から語る報道のあり方(30:50~)
松本:今、自殺も流行ってるでしょう。何かようわからん、あのうなんや、あのう、あれ、
高須:うんうん。あれね。
松本:あれ、なんやあれ。何ひとつ出てけえへんわ。
高須:もう何やねん。何や。
松本:何か液体の、何や、あれやわ。な、ガスみたいの。
高須:はいはいはい、出てましたね。何人か亡くなりましたね。
松本:何やあれ。
高須:硫化水素。
松本:硫化水素や。ね。
高須:はいはい。何やって。
松本:あれかって、もうやらんでええねん!あんなん。
高須:やらんでええねん。ほんま、やらんでええねん。あれはそう思うわ。
松本:もうほんま、おもろがって。あれニュースがおもろがっとんねん。言わば。
高須:まあ、おもろがってるって言うか、
松本:今日は何件あったみたいなこと、やっとるわけよ。もうええねん。もう一切そのニュースもうなし。
高須:ほんまやねえ。
松本:それやるから。自殺なんてね、あのう、報道すればするほどね、あいつらさみしいやつらやから、俺も死のうって思うやつ、いっぱい出てくんねん。
高須:やったらいかんな。
松本:わかってるくせに、ニュースでやんねん。あれなあ。
高須:あかんよな。
松本:あかんねん、あれは。あれは煽ってるだけ。
高須:間違ってないな。
松本:うん。
高須:ああ間違ってないな、ちゃうわ。
松本:ええーーっ?!
高須:ははははははは。
松本:ええーーっ?!真っ向から対立してるやん!
高須:はいはい、間違ってないなって俺言いましたね、今。
松本:ふふふふ。
高須:完璧に間違ってましたね。ははは。
松本:ニュース側にガッサッーー入ってもうて。
高須:俺やっぱり今日おかしいなあ。
松本:はは。
高須:ほんまにね、雰囲気でしゃべってるんですよ。なんかほわーって、さっきから。あははははは。
松本:いやあ、ほんまねえ。
高須:あかん、あかん。あれはあかん。ほんまに間違ってるわ、あれは。
松本:間違ってるよなー。
高須:自殺なんか特に思うわ。
松本:そやねん。
高須:乗ってまうねんなあ、あれなあ。あんな風になあ。
松本:ブームになってしまうみたいなね。
高須:な。やったらいかんな。
松本:うん。
高須:ああ、それは思うな。
松本:「ああ、こんなんで死んでるやついっぱいおんねんや、俺ももうおもしろいこと何もないし、俺も死のう」みたいになるやつがいっぱい出てくるから、
高須:あかん。
松本:やらんでええねん。
高須:ほんまにね。
松本:ええ。ま、ある意味ね、ちょうどええ時期にそんなあほが死んだら、別に俺はええねんけど、
高須:うんうん、
松本:でもね、これ以上増やせへんためには、やらんでええねんて。
高須:そうやなあ。
松本:ええ。
高須:だって、それを思って、「ああ、そうなんや。死ぬっていう方法があるんや」って思うやつもおんねんもん。
松本:そうそうそうそう。
高須:その手助けしたらいかんねんって。
松本:ヒント与える必要ないんです。
高須:そうやねん。そんなことしたらあかんねん。
松本:「ああチューリップばぁっーやったら、ちょっとすっきりするかもわからんなあ」みたいな、そんなことをね、
高須:思わせんといていいと。
松本:思わすヒント与える必要ないねん。
高須:もともとね、生きなあかんねん。生きとかなあかんねん、どんな状態でも。死ぬって、自殺って行為があること自体、もう言うたらあかんねん。ほんまはね。
松本:そうそうそうそう。
高須:そんなもんルールにないんやから。
松本:ないねん、ないねん。
高須:ね。
松本:うん。選択肢を1個与えてるだけ。
高須:そう。そらあかんねん。
松本:そう。
高須:ええこと言うたな、松本さん。
松本:いやあ、ほんとに。間違ってないわ。
高須:はははははは。
松本:あ、俺らはね。
高須:俺らはね、びっくりした。
二人:あははは。
高須:そういうことですわな。
松本:ほんまですよ。

◇関連記事:翌週、この放送についての騒動を語る
第346回松本人志の放送室 - 01_1:この番組でしゃべったこと

← 第344回2008.5.3 - 01:オープングと今週の曲 | → 第345回2008.5.10 - 02:ベストな結婚? 


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。