カテゴリー  [第247回2006.6.24 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第247回松本人志の放送室 - 11_2:島崎和歌子さん

高須:あなた、飲みに行きゃあいいじゃないですかー。
松本:ちゃう、もう、自分、あー、もうあかんで、あれ。
高須:あ、僕、知らないんですよ。飲んだことないから。
松本:あいつ、もう、ほんまもう、
高須:ものすごいの?
松本:最悪やで。
高須:ものすごいの?酒飲んだら。
松本:あれ、ドSなんでしょう。
高須:ああ、そう。
松本:ほーんまに歯型残るぐらい噛んでくるからな。
高須:ああ、そう。
松本:はい。
高須:うわあー。
松本:太腿とかな、ほんまに、もう、甘噛みちゃうで。
高須:なんで?
松本:ほっーんまに噛み切るつもりで噛んできよんねん。
高須:何なん?
松本:わからんねん!
高須:噛まれたことあんの?自分。
松本:何っ回でもあるよ!で、「痛いっ!痛いったたたた!」って、手出そうになんねん。
高須:ああ、もう、
松本:思いっきり、どつきそうなんねん。
高須:はははははは。本気やからな、ははははは、向こうが完全。
松本:本気やから。
高須:はあー。
松本:でも、それはさすがに、ちょっと、
高須:できひん。
松本:あれやから。
高須:「おー、何してん?何してん?」
松本:「いやー!おい、おい」ってなんねんけど。
高須:何やそれ?
松本:ほいで、次の日ぐらいに、なんや夜ぐらいになーんとなくふわって見た時に、「あれ?何やこれ?」って自分の足とか見て。
高須:うん。青~なってんの?
松本:うん。「何やこれ?…ああっ!そうや。」
高須:うーわあー。
松本:そんなんが2、3箇所あんねん。
高須:それはあかんわ。
松本:絶対行きたないやろう?
高須:それは行きたないわ。
松本:もう、あんなんもう。寂しがりなんかな?あれ。
高須:そうなんやって。そうなんやって。

← 第247回2006.6.24 - 11_1:島崎和歌子さん | → 第247回2006.6.24 -


☆クローズアップ Amazon

■島崎和歌子さん
寂しがりや?のワッコさん。明るいキャラクターで、アイドルとしてデビュー以降、歌にバラエティ、MC、セミヌード写真集など多方面で活躍。2010年は福山雅治さん大河ドラマ「龍馬伝」にも出演!
高知県出身の島崎さん、龍馬の兄・権平(杉本哲太さん)の妻・千野役を好演されています。龍馬を愛し励ます乙女や千野のシーン、家族だけに見せる龍馬の表情…早々にDVD化が決定した名作、ぜひ隅々までチェックしてみてください。左の「外付け特典DVD-BOX」には、「坂本家 家紋入り刀箸」や、「龍馬伝 特製収納箱」が付いています!初回生産版のみの貴重な限定品です!

【本編DISK 4枚!
DISC1:第1回~第3回
DISC2:第4回~第7回
DISC3:第8回~第11回
DISC4:第12回~第13回 + 特典映像!

【特典映像】
◆メイキング 「プロフェッショナル × 龍馬伝」より
◆NHK「あなたが主役 50ボイス」 大河ドラマ龍馬伝ボイス
 ~NHKの番組で組まれた龍馬伝スペシャル!福山雅治さんの衣装、現世とは思えぬロケ現場作り、小道具…ドラマの舞台裏やこだわりの職人仕事が見られます!
◆メイキング映像
◆メイキング映像.2
◆PR映像.1 (52分)
◆PR映像.2 (1時間2分)
ノンクレジット・オープニング映像 (2分)
 ~美しく斬新な映像美で話題のあのオープング映像をたっぷり!


【スペシャル特典】
「坂本家 家紋入り刀箸」
◆全4BOXが収まる「龍馬伝 特製収納箱」!
※スペシャル特典は初回生産版のみです。数に限りがあります。
もっと詳しく見る


スポンサーサイト

第247回松本人志の放送室 - 11_1:島崎和歌子さん

ダウンタウン松本人志の放送室第247回:島崎和歌子さん (40:30~)
松本:この間な、
高須:うん。
松本:全然関係ない話やけど、
高須:うん。うん。
松本:ワッコさんおるやんか。
高須:ワッコさん。
松本:ワッコさんからな、
高須:うん。
松本:もう、電話がもう鳴ってんねやんか。
高須:島崎和歌子さんね。
松本:ワッコさんから。
高須:うん。
松本:で、俺、伝言設定に、してる?自分。たまに。
高須:してない。僕。
松本:あ、ああと、何回か鳴って出えへんかったら、そのまま伝言になんのね。
高須:ほう。ほう。ほう。
松本:で、伝言って、あれ、声聞えんねんな。
高須:あ、そうなんですか。
松本:携帯って。
高須:はい。はい。
松本:俺のはそうやねん。
高須:はい。はい。
松本:で、もう、ワッコさんからもう、酔うて電話かかってきてんねやんか。もう。
高須:うわ。うわあー。あれ?狙われてるやん。
松本:「何やってんですかぁ~。もおっ~!!」
高須:うわ。
松本:「ちょっと出てよっ!!たまにはっー!!」とか言うて入ってんねん。
高須:こーわあー。
松本:もう、もう、絶対嫌や思うて、
高須:ワッコさんや。
松本:無視してたんですよ。
高須:うん。
松本:ほんなら、また1時間後ぐらいに、
高須:うん。
松本:「ちょっと、いい加減に出てもらえます?!」
高須:うわ、あははは!
松本:ははははは。「何してんのっ!!」って入ってんねやん。
高須:うわあー。うわあー。
松本:また無視したんですよ。
高須:うん。
松本:で、3回目鳴った時に、
高須:うん。
松本:あのー、また来たから、
高須:うん。
松本:ちょっと聞いといたんですよ。
高須:うん。
松本:ほんならね、
高須:うん。
二人:はははははは。
松本:「いい加減に、ほっんと出て!」
高須:うん。
松本:「もう、いい加減にしないと、あたしね、ほんとにもう、怒るよ」みたいなことなってんねん。
高須:うん。はははは。
松本:ほいで、あのー、「竜ちゃんと、」
高須:うん。
松本:「キム兄もいるから。」
高須:うん。
松本:あのー、ダチョウの、たぶん、竜ちゃんやと思うねん。
高須:うん。うん。
松本:で、キムもおるみたいな。
高須:うん。
松本:「キム兄もいるから。」
高須:うん。
松本:「キム兄にじゃあ代わるね!!」とか言うて、
高須:うん。
松本:なんか聞こえてんねん。
高須:うん。
松本:「キム兄っ!!キム兄っ!!」言うて。
高須:うん。うん。
松本:「あのー、松本さんっ!!」
高須:うん。
松本:「松本さんだから!!」
高須:うん。はははは。
松本:「何か言って!!」
高須:うん。
松本:って、何か言ったんや。
高須:うん。
松本:なら、向こうでちょっとウーって、何か、何か軽く聞こえてん。
高須:うん。うん。うん。
松本:バッて、すぐまた島崎出てきて、
高須:うん。
松本:「すいません、ごめんなさい、すいませんでした。すぐにまた、かけなおします」プー、プーって切れて。
高須:ええ?
松本:完っ全にキムにキレられてる。
二人:あははははははは!
高須:うわあー!
松本:完っ全にキムにキレられてるやん。
高須:うわあー。
松本:はははははは。
高須:そんなに怒ってはないもんね、こっちもね。そんな怒ってはないでしょう?全然。
松本:はははははは、そっから1回も電話かかってけえへん。
高須:はははははは。それはそれで寂しいですね。ちょっとね。
松本:はははははは。たぶん、「何してんねん」、はははは。
高須:「おまえ、何してんねん!こらあ!」
松本:「おまえ、何してんねん!」ってことなんでしょうね。
高須:「こらあー!」って言うたと思うで。たぶん。
松本:ああー。ええ。そっから、俺、会うてないねんけど。誰とも。キムとも会うてないし。
高須:うわあー。
松本:たぶんそういうことなんやろなーと思って。
高須:そうですかー。うわあー。キレられた。
松本:ちょっとおもしろいなー。はははははは。

◇関連記事:キム兄の監督&出演作品集です。
松ちゃんからのお祝いメールに涙。初監督長編映画「ニセ札」リリース!
板尾さん初監督作品「板尾創路の脱獄王」に出演!
「考えられへん」炸裂!「ゆるせない話」DVD情報
キム兄ら豪華17名、未公開もたっぷり!「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン2」
名作「車屋のキクチ」はMVS!「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン」リリース!
併せてお勧め!「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン3」リリース!
キム兄&今ちゃん&ほんこんさん&ジュニアさんが語り尽くす「アメトーーク板尾伝説」!
キム兄、今ちゃん、東野さんや板尾さんも!「50周年!吉本新喜劇「ギャグ100連発」

◇関連トーク:松ちゃんの交遊録
SMAP中居さんとは「伝説の教師」後も。
2003.7.3放送 第92回松本人志の放送室 - 03:中居くんの懲戒免職?

ロバート馬場さんや、後輩の入江さん、水玉れっぷう隊アキさん、EXILEまで!
2005.7.2放送 第197回松本人志の放送室 - 11:松ちゃんの交友録

「ガキ」終わり、山ちゃんとフットボールアワー後藤さんと飲んだ席で…。
2006.3.18放送 第233回松本人志の放送室 - 06_1:山ちゃんとフットボールアワー後藤さん | その2 | その3 | その4~「ほいで?」 | 07:デリカシーがあるのは誰?

「リンカーン ホリケンギャグWARS」企画の後の飲み会。
2008.3.29放送 第339回松本人志の放送室 - 03:ホリケンと原西さん

「ガキ 山崎vsモリマン」の誕生秘話!
2008.6.21放送 第351回松本人志の放送室 - 03_1:山ちゃんと菅さん | その2 | その3

◇関連トーク.2:キム兄の話あれこれ。
ジュニアさんが明かすキム兄の「ゆるせない話」!
2008.12.27放送 第378回松本人志の放送室 - 03:怒れるキム兄の話

「昨日、あのう、キムの家でみんなで飲んでて。」
2008.11.29放送 第374回松本人志の放送室 - 02:ごって損やん

キム鍋を囲みながらの「しんぼる」秘話。
2008.11.22放送 第373回松本人志の放送室 - 03:「すべらない話」「ゆるせない話」と映画の話

「なんぼほど怒っとんねん!」
2008.2.16放送 第333回松本人志の放送室 - 02:新番組「ゆるせない話」 | 03:松ちゃんの「ゆるせない話」・携帯電話 | 04:松ちゃんの「ゆるせない話」・横取り店員 | 05:「ゆるせない話」について

「キムも、なんかずっーと痛いねんな。どっかが。」
2007.8.11放送 第306回松本人志の放送室 - 10:浜ちゃんのサロンパス

久しぶりだと「キムでも2人っきりなったら、ちょっと照れたもん。」
2007.8.4放送 第305回松本人志の放送室 - 10_1:照れくさい気持ち | その2~浜ちゃんはイボだらけ

「キムはね、あの、後藤、結構仲いいね」&松ちゃんが二人きりでも気を遣わない人は?
2006.3.25放送 第234回松本人志の放送室 - 13_1:吉本ブサイクランキング | その2 | 17_1:キム兄、千原ジュニアさん | 17_2:キム兄 | 17_3

キム兄のデリカシーは?!
2006.3.18放送 第233回松本人志の放送室 - 07:デリカシーがあるのは誰?

「ガキ」でもトークされたキム兄との厄払い。
2005.10.1放送 第210回松本人志の放送室 - 03:二人の厄年 | 04_1:松ちゃんの厄払い | その2 | 05:キム兄の厄払い | 06:松ちゃんの厄払い~「絶対、ばち当たるで」

キム兄とダチョウ倶楽部・竜ちゃんは「無二の親友ぐらいなってるらしいで。」
2005.7.2放送 第197回松本人志の放送室 - 09_1:キム兄の話~「木村祐一ってすごいいいですよ」 | 09_2:キム兄の話~ダチョウ倶楽部with木村祐一 | 10:合う、合えへんは守護霊のケンカ | 11:松ちゃんの交友録

松ちゃん、キム兄、ジュニアさんとの3人温泉旅行エピソード。
2002.8.22放送 第47回松本人志の放送室 - 03_1:キム兄の悲劇 | その2 | その3 | 
04:キム兄は「旅行運ないのよ」


← 第247回2006.6.24 - 10_3:子どもの防犯シャッターの事故を考える | → 第247回2006.6.24 - 11_2:島崎和歌子さん


☆クローズアップ Amazon

■島崎和歌子さん
この後もワッコさんの話は続きます!豪快な酒豪ぶりが明かされていますが、アイドルとしてデビュー以降、歌にバラエティ、MC、セミヌード写真集など多方面で活躍。2010年は福山雅治さん大河ドラマ「龍馬伝」にも出演!
高知県出身の島崎さん、龍馬の兄・権平(杉本哲太さん)の妻・千野役を好演されています。龍馬を愛し励ます乙女や千野のシーン、家族だけに見せる龍馬の表情…早々にDVD化が決定した名作、ぜひ隅々までチェックしてみてください。左の「外付け特典DVD-BOX」には、「坂本家 家紋入り刀箸」や、「龍馬伝 特製収納箱」が付いています!初回生産版のみの貴重な限定品です!

【本編DISK 4枚!
DISC1:第1回~第3回
DISC2:第4回~第7回
DISC3:第8回~第11回
DISC4:第12回~第13回 + 特典映像!

【特典映像】
◆メイキング 「プロフェッショナル × 龍馬伝」より
◆NHK「あなたが主役 50ボイス」 大河ドラマ龍馬伝ボイス
 ~NHKの番組で組まれた龍馬伝スペシャル!福山雅治さんの衣装、現世とは思えぬロケ現場作り、小道具…ドラマの舞台裏やこだわりの職人仕事が見られます!
◆メイキング映像
◆メイキング映像.2
◆PR映像.1 (52分)
◆PR映像.2 (1時間2分)
ノンクレジット・オープニング映像 (2分)
 ~美しく斬新な映像美で話題のあのオープング映像をたっぷり!


【スペシャル特典】
「坂本家 家紋入り刀箸」
◆全4BOXが収まる「龍馬伝 特製収納箱」!
※スペシャル特典は初回生産版のみです。数に限りがあります。
もっと詳しく見る


第247回松本人志の放送室 - 10_3:子どもの防犯シャッターの事故を考える

松本:いや、もう、ほんまに、子どもをね、守りたいのかどうしたいのかが、
高須:うーん、
松本:もう、こうなってくるとわかんないでしょう?
高須:あー。難しいでー。これー。
松本:で、公園の遊具で怪我したら、また、ぐわー言われるし。
高須:うー、ややこし、うーん、
松本:でも、その公園の遊具も子どもを楽しますためのもので、
高須:そうやねん。誰もね、
松本:誰もね、
高須:怪我さそうと思って作ってないんですよ。
松本:そうなんですよ。
高須:で、もう、目くじら立てて、「うわあっー!」言うてくるでしょう?
松本:「うわあー!」言うでしょう?
高須:ちゃんと、そんなに心配だったら見とけっつう、
松本:いや、うわあー言うてもいいんですよ。
高須:うん。
松本:言うてもいいんですよ。「あんた、あんなところにあんなん、あれ危ないんちゃうの!」って言いつつも、片やこっちでは、
高須:うん。うん。
松本:「あんたもちゃんとルール守りっ!」
高須:あ。
松本:「あほか!あんたは!」
高須:あ。これはええおかんやなー。
松本:「おやつ抜きやでぇっ!」
高須:あほやわあ。やっぱり。
二人:はははははは。
松本:いや、これ、ほんとそうなんですよ。
高須:いや、そらそうですよ。そうですよ。だってね、何ちゅうの、危険、、、を察知するのも子どもの能力の1つですからね。
松本:はい。
高須:「こういうとこ行ったらあかんな」「あ、ここ、やばそうやな」とか、あるやんか。
松本:ああ。ある。ある。
高須:「これ登ったら、これ崩れるで」いうのを、考えなあかんやないの。そういうのね。
松本:そう。そう。そう。そう。そう。あかんねん。あかんねん。
高須:それわかってないねん。全部安全や思っとんねんね。
松本:わかってないねん。そうなんですよ。ほいで、崩れたら、もう、その崩れた方ばっかり文句言うてね。
高須:そう。乗ったそいつも悪いねん。
松本:「あんたも近付きいな」みたいなことをね。
高須:いや、ほんまそうなんです。
松本:一言、やっぱり言わんとね。
高須:あら。松ちゃん、今日はもう、ものすごいやないの。
松本:いや、ほんとそうなんですよ。

松本:ただ、やっぱりランドセル背負ったままシャッター潜れる思うたって。無理やろう、それは。
高須:それはわかれへんけどね。
松本:それでまた、学校側もなんか謝んのよねー。
高須:ああ、そう。
松本:なんで謝んのかわかれへんねんけど。
高須:いや、とりあえず謝らなしゃあないやろう。
松本:はー、、、。
高須:とりあえずはね。でもね、そういう、なんかそういうのが強すぎますね。みんな、その、なんかその、子どもの親が強くなりすぎてますね。
松本:子どもの親が強くなりすぎてんねん。
高須:おかしいよね。
松本:うん。
高須:じゃあ、学校預けんなよいう話やねん。
松本:うん。子どもの親が強くなりすぎてるっていうことはどういうことかって言うと、子どもの親が子どもに弱くなりすぎてんねん。
高須:なるほど。なるほど。
松本:ええ。
高須:深いこと言うねー。今日は。
松本:深いこと言うねん。
高須:うわあー。ほいで?ほいで?!
松本:ふかやで。ふか。
高須:…「ふか」何?
松本:俺、ふかやで。ふか。
高須:…意味がわかれへんわ。
松本:はははは、
高須:はははは、
二人:ははははははは。
松本:まあ、長谷川だけ笑うてくれたんで。
高須:おかしい。
松本:泣く泣く笑うてくれたんで。
高須:うん。わかってるよ。
松本:ははははははは。
高須:長谷川もしょうがないなあと思いながら。
松本:はははははは。
高須:あははは。「泣く泣く」って。
二人:はははははは。

◇関連記事:ディレクター長谷川さんも携わる松ちゃん監督作品!
「しんぼる」DVD化決定!
長谷川さん、高須さんも登場!~松ちゃんが「日経エンタテインメント!」に帰ってきた!
ウェブで読める松ちゃん、高須さん、長谷川さん、倉本さんの対談~BRUTUS:X BRAND
長谷川さん、高須さんの声も!松ちゃんインタビュー誌のまとめ.その1 | その2

◇関連トーク:長谷川さん登場トーク。
「ガラスの向こうも全然ウケてないやろう。」
2005.5.7放送 第189回松本人志の放送室 - 11_1:林君 | 11_2:その2~「林君、毎回聴いてんねんで」 | 11_3:その3~「こんなことになってくのもおかしいと思ってんねん」

長谷川さんがお休みの回のオープニングです。
2005.10.8 送 第211回松本人志の放送室 - 03:「飛び出せへんことも飛び出しや」

長谷川さんは「やりすぎコージー」も手がけられています。
2006.2.11放送 第228回松本人志の放送室 - 06:今年の運勢トップ10入り!?
2008.1.26放送 第330回松本人志の放送室 - 06:年末特番のダウンタウンの運勢順位 | 11_1:力のある者の戦い~「あの泣いたくだりかいな」 | その2:「力のある人間はそこと戦っていくしかないから」 | その3:「やりすぎコージー」の場合 | その4:「やりすぎコージー」の場合 | その5:ダウンタウンど新人の頃 | その6:松ちゃん「M-1」出場?! | その7:「めっちゃ泣いてたもんな」
2009.1.24放送 第382回松本人志の放送室 - 03:オーストラリア旅行、山ちゃんの幕開け | 04:オーストラリア旅行、チャドさん編その1 | 05:オーストラリア旅行、おにぎりの恋 | 06:おにぎりの恋の結末は? | 11:オーストラリア旅行、チャドさん編その2 | 12:同じテーブルで山ちゃんは

「リンカーン」も。
2008.4.5放送 第340回松本人志の放送室 - 06:叶姉妹と松ちゃんの会話

「松本見聞録」も手がけていました。あまりのハードを松ちゃん訴える!
2008.8.30放送 第361回松本人志の放送室 - 03_1:松本見聞録 | その2 | 04:放送室も。

松ちゃんのオープニング挨拶に、たかすちゃん「いや、見てみ。長谷川の顔。見て。」
2006.3.4放送 第231回松本人志の放送室 - 02:「長谷川の顔、見て」

松ちゃんの交信相手の名前もハセガワ?!
2005.10.8放送 第234回松本人志の放送室 - 04_1:おもろい星~「またや」 | その2 | 04_3:おもろい星~たかすちゃんも!? | 04_4:おもろい星~「『おもろい星』言うてるだけで」「おもんないもんな」 | 05:うまいもんだ星?!~紳助さんのお店大繁盛 | 06_1:島田紳助さん | その2 | 19:「天才」や「カリスマ」と言われること~「まあ、ハセガワのネタやけどね」

松ちゃんの好きな名参謀、黒田官兵衛を放送作家になぞらえて!
2007.3.31放送 第287回松本人志の放送室 - 01_5:黒田官兵衛の話~放送作家で言えば…!

「大日本人」公開の2週間前。「ほんまにね、長谷川にも頑張ってもうたしね。」
2007.5.19放送 第294回松本人志の放送室 - 06_1:一人での映画の仕事 | その2

「大日本人」DVDでは、高須さんと長谷川さんの副音声が聞けます!
2008.3.15放送 第337回松本人志の放送室 - 04:たけしさんの感想

エンディングで長谷川さん。
2008.5.24放送 第347回松本人志の放送室 - 05:ザッツオール!
2009.1.10放送 第380回松本人志の放送室 - 13:2009年も頑張りましょう

駐車場コントをするも、「知らんで、自分。長谷川見てみぃ。」
2008.6.28放送 第352回松本人志の放送室 - 03_1:テレビ局の腹立つ駐車場 | その2 | 04:エンディング

「もう、『どんだけ』は言えへんほうがええちゃうか。なあ!長谷川。」
2008.7.26放送 第356回松本人志の放送室 - 02_1:松ちゃんの「どんだけ~」 | その2 | その3 | その4 | 05:やっぱり「どんだけ~」

芸人として走り続ける松ちゃん、お休み宣言!「絶対、長谷川もわかってくれてるわ。」
2008.11.8放送 第371回松本人志の放送室 - 04_1:松ちゃんの休養宣言 | その2 | その3

長谷川さんも目撃!「ダウンタウンDX」での浜ちゃん。
2008.12.6放送 第375回松本人志の放送室 - 02_1:3人で誰が一番しっかりしてる? | その2

話のオチを忘れて、たかすちゃん「いや、違うで!長谷川、待ってや。」
2009.2.7放送 第384回松本人志の放送室 - 03_1:「なんやったかなあ、忘れてもうた」 | その2 | その3 | 04:「この悪臭が浄化されたら」 | 05:「まだあかんでしょう、どう考えても」 | 06:「脳トレや、脳トレ」

収録前、長谷川さんに今週の曲を伝える時のひとコマ。
2009.2.21放送 第386回松本人志の放送室 - 02:たかすちゃんの曲選び

「しんぼる」にあたって、「でも、やってますよ。もう。な?長谷川。」
2009.3.7放送 第388回松本人志の放送室 - 12:映画第二作について

「リンカーン」楽屋での話。「あれ、あん時、長谷川おったよな?」
2009.3.21放送 第390回松本人志の放送室 - 09_1:「加湿器4台ぐらいあるんですけど」 | 09_2:「加湿器4台ぐらいあるんですけど」「嫌われてるんです」 | 09_3:「こんなこと言うから、みんなに嫌われるんじゃ!ぼけ!」

◇関連トーク.2:松ちゃんの深い話。
「前も1回怒ったですけど、もう1回言わしてもらっていいですか?」
2008.3.15放送 第337回松本人志の放送室 - 07_1:大統領選に盛り上がる日本 | その2

もの作りの難しさを語る。
2008.7.19放送 第355回松本人志の放送室 - 05_1:ものを作る者として | その2

← 第247回2006.6.24 - 10_2:子どもの防犯シャッターの事故を考える | → 第247回2006.6.24 - 11_1:島崎和歌子さん


☆クローズアップ Amazon

■長谷川さん
お二人が「長谷川の顔見て!」など、トーク中にたびたび呼ばれるディレクター長谷川さん。松ちゃん監督作品「大日本人」「しんぼる」にも参画。「大日本人」ではインタビュアー役としてスクリーンにも登場しています。

他にも、放送室でトークされた宮川大輔さんの「本番でーす!」(左の第五幕には板尾さんも登場!また、実際にライブとして開催されたのが「劇団マンパワー公演」!)や、「やりすぎコージー」、「リンカーン」など多くの番組を手がけられています。
もっと詳しく見る



放送室では今回のようにニュースや事件報道のあり方、受け捉え方を一般論と異なる観点でトークすることも。第346回で松ちゃんは「言葉の奇襲戦法みたいなことも言うじゃないですか。ほんまはこれが王道、ほんまはこうですよ、でもこういう考え方もないかなあ、みたいな問題提起をしてるわけなんですよ」と述べています。著書でも独自の切り口や考え方を読むことができますので、ぜひ触れてみてはいかがでしょうか。



■週刊プレイボーイでの連載.1 「松本人志の怒り 赤版・青版」
「松本人志の怒り 赤版・青版」は2008.8.25に同時発売。年金問題や食品偽装、マスメディアのあり方など色々な「怒り」に対し独自の論を展開。

◇試し読み:女子アナ
各キー局の女子アナを見ていると、もう、こいつらいったいなにを考えているのかと悲しい気持ちになります。ええかげんにせいと思います。(イグチ・東京都)

アナウンサーって「人にものを伝える」という点では、ボクらと一緒じゃないですか。情報を正しく伝えるのがアナウンサーの第一義であるべきでしょう。ところが、朝の番組に登場したアナウンサーが、まったく機転がきかないヤツでした。もう、噴飯ものですよ。・・・(中略)・・・こんなことはね、実は氷山の一角で、アナウンサーって機転がきかないんですよ。番組やってると浜田(雅功)が仕切りますが、浜田もこっちの側へきて、仕切り役をアナウンサーに任せようとする時があるんですよ。でも、これが任せられない。女子アナはね、男子アナよりひどくて、ボクらの番組には必要ありませんね。
もっと詳しく見る
※より知っていただきたく、試し読みは集英社さんサイト「集英社BOOK NAVI」より引用させていただきました。



■週刊プレイボーイでの連載.2 
「プレイ坊主 - 松本人志の人生相談」

こちらもプレイボーイに連載していたコラムの単行本。人生の悩み、性の悩み、社会全体に関わる問題まで、あらゆる相談に松ちゃんが自由自在かつ超越した発想で答えています。雑誌には未掲載だったこの本だけの相談も収録!
もっと詳しく見る



■週刊プレイボーイでの連載.3 
「松本人志の好きか嫌いか1・2」

左の「1」では鳥インフルエンザや道頓堀ダイヴ、勝負下着やヌーブラなど、「2」ではハルウララやぼったくり風俗など、さまざまな社会的事象や関心事を「好きか、嫌いか」で語ります。松ちゃんならではの発想が満載です。

もっと詳しく見る


第247回松本人志の放送室 - 10_2:子どもの防犯シャッターの事故を考える

松本:「シャッター下りてんのに、あんた、あほかっ!タッ~!」
高須:ははははは。
松本:と言うね、
高須:怖いおかんやなー。
松本:はははははは。
高須:俺、こんな、でもな、こんなおかんがええとも限らんからなー。
松本:二人:はははははは。
高須:怖いおかんやー。
松本:「おやつ抜きぃっ!」
高須:いや、いや、いや、頭悪いなあ。こいつ。
二人:はははははは。
松本:いや、ほんとそうなんですよ。
高須:あー、そうですね。
松本:ちゃんと怒ったんやろな?最後の最後。
高須:ほんまやね。
松本:誰かが。
高須:ほんまやね。だって、俺ら、俺らの時代やったら、あれ俺らが怒られてるよ。
松本:めちゃめちゃ怒られてるよ!そんなもん。
高須:なんやったら、防犯シャッターの人が怒って来んで。
松本:いや、ほんまですよ。
高須:逆に「子どもがどこで遊んどんねん!おまえらっ!」言うて。
松本:いや、ほんまですよ。
高須:ね。

松本:こういうことを言っていってよ。
高須:ええ?
松本:驚愕の事実。
高須:それと、
二人:はははははは。
高須:それと俺の、そんな、
松本:そうですよ。
高須:変わりはないぐらいですよ。
松本:もう、ほんとたまりませんわ。あんなもーん。
高須:まあ、でも、怒らなあかんのは確かですよ。大体ね、
松本:うん。
高須:この世の中ね、
松本:ええ。
高須:そらね、何にもね、その、危険な物がないと思ったら大間違いなんですよ。
松本:大間違いなんですよ。
高須:元々あるんですよ。そりゃあ。
松本:そうですよ。
高須:あったしね。
松本:で、元々、防犯シャッターいうのは、その危険な物から守るための物ですからね。
高須:うん。うん。うん。うん。
松本:それをなんか「悪い」みたいにさ。
高須:うん。うん。
松本:「大きなお世話」的な扱いにされてるわけですよ。
高須:うん。
松本:この場合。
高須:うん。
松本:あの防犯、あっ、かの有名な!
高須:はははは。
松本:防犯シャッター様をですよ。
高須:これ、大丈夫か?
松本:あはははははは!
高須:よーし。一緒に乗っていこうか。どうしようか。行こか戻ろか。
松本:あはははははは。
高須:よし!乗っていこう。うん!
松本:よっしゃ!
高須:うん!
松本:あんーなに素晴らしい、
高須:うん!うん!
松本:こう、、、しゃ、防犯シャッター、、、公爵様をですよ。
高須:うわあー、ははははは。大して進んでないなー。
松本:はははははは。
高須:一歩出て、
松本:はははははは。
高須:ちょっと、半歩下がってるぐらいやん。
松本:はい、言うて!
高須:俺、俺、
松本:はははははは。
高須:俺、嫌や!そんなもん、はははは、元々ない思うてんのに。
二人:ははははははは。

◇関連トーク:お二人の怖い先生の話。
2006.3.18放送 第233回松本人志の放送室 - 12_1:村上トーコー先生 | その2
2006.6.17放送 第246回松本人志の放送室 - 12:尼崎思い出の味~先生のおごり

◇関連トーク.2:こちらも「これ大丈夫か?」&たかすちゃんへのむちゃ振り!
マイケルジャクソンからバンドコント。「ヘイ!たかす!」
2006.6.17放送 第246回松本人志の放送室 - 03_1:マイケル・ジャクソン来日 | その2~「スマスマ」「あるある」? | その3~「カサカサカサカサカサカサ」 | 04_1:運は飲み干しちゃだめ | その2 | その3~「ごっつ」の頃.その1 | その4~「ごっつ」の頃.その2 | その5~「ヘイ!たかす!」 | その6~「ええ曲やわー」 | その7~「ヘイ!ひとし!」 | 05:普段の力~「このバンド辞めたいんやけども」

「地震来たら、どんなんなんの?自分、ちょっとやってみて。エアーで。」
2007.8.4放送 第305回松本人志の放送室 - 09_1:地震は怖い | その2

たかすちゃん、即興コント?!
2008.2.9放送 第332回松本人志の放送室 - 07:ショートコント「亀は万年、鶴は千年」

「ちょっと、日テレやってみてくれへん?」
2008.6.28放送 第352回松本人志の放送室 - 03_1:テレビ局の腹立つ駐車場 | その2 | 04:エンディング

たかすちゃん「これ、大丈夫かな?完成度低そうやでー!」
2005.10.8放送 第234回松本人志の放送室 - 04_1:おもろい星~「またや」 | その2 | 04_3:おもろい星~たかすちゃんも!? | 04_4:おもろい星~「『おもろい星』言うてるだけで」「おもんないもんな」 | 05:うまいもんだ星?!~紳助さんのお店大繁盛 | 06_1:島田紳助さん | その2 | 19:「天才」や「カリスマ」と言われること~「まあ、ハセガワのネタやけどね」

← 第247回2006.6.24 - 10_1:子どもの防犯シャッターの事故を考える | → 第247回2006.6.24 - 10_3:子どもの防犯シャッターの事故を考える


※今なら1冊からでも送料ゼロ円です♪

☆クローズアップ Amazon

放送室では今回のようにニュースや事件報道のあり方、受け捉え方を一般論と異なる観点でトークすることも。第346回で松ちゃんは「言葉の奇襲戦法みたいなことも言うじゃないですか。ほんまはこれが王道、ほんまはこうですよ、でもこういう考え方もないかなあ、みたいな問題提起をしてるわけなんですよ」と述べています。著書でも独自の切り口や考え方を読むことができますので、ぜひ触れてみてはいかがでしょうか。



■週刊プレイボーイでの連載.1 「松本人志の怒り 赤版・青版」
「松本人志の怒り 赤版・青版」は2008.8.25に同時発売。年金問題や食品偽装、マスメディアのあり方など色々な「怒り」に対し独自の論を展開。

◇試し読み:女子アナ
各キー局の女子アナを見ていると、もう、こいつらいったいなにを考えているのかと悲しい気持ちになります。ええかげんにせいと思います。(イグチ・東京都)

アナウンサーって「人にものを伝える」という点では、ボクらと一緒じゃないですか。情報を正しく伝えるのがアナウンサーの第一義であるべきでしょう。ところが、朝の番組に登場したアナウンサーが、まったく機転がきかないヤツでした。もう、噴飯ものですよ。・・・(中略)・・・こんなことはね、実は氷山の一角で、アナウンサーって機転がきかないんですよ。番組やってると浜田(雅功)が仕切りますが、浜田もこっちの側へきて、仕切り役をアナウンサーに任せようとする時があるんですよ。でも、これが任せられない。女子アナはね、男子アナよりひどくて、ボクらの番組には必要ありませんね。
もっと詳しく見る
※より知っていただきたく、試し読みは集英社さんサイト「集英社BOOK NAVI」より引用させていただきました。



■週刊プレイボーイでの連載.2 
「プレイ坊主 - 松本人志の人生相談」

こちらもプレイボーイに連載していたコラムの単行本。人生の悩み、性の悩み、社会全体に関わる問題まで、あらゆる相談に松ちゃんが自由自在かつ超越した発想で答えています。雑誌には未掲載だったこの本だけの相談も収録!
もっと詳しく見る



■週刊プレイボーイでの連載.3 
「松本人志の好きか嫌いか1・2」

左の「1」では鳥インフルエンザや道頓堀ダイヴ、勝負下着やヌーブラなど、「2」ではハルウララやぼったくり風俗など、さまざまな社会的事象や関心事を「好きか、嫌いか」で語ります。松ちゃんならではの発想が満載です。

もっと詳しく見る


第247回松本人志の放送室 - 10_1:子どもの防犯シャッターの事故を考える

ダウンタウン松本人志の放送室第247回:子どもの防犯シャッターの事故を考える (33:30~)
松本:あ、そんなん言い出したら、またそれも全然違うかもわからんけど、
高須:何ぃっ!?
松本:あははははは。
高須:この後!
松本:はははははは。
高須:人志松本が言った、驚愕の事実とは何ぃっー!?
松本:はははははは。はははははは。「事実」やないがな。別に。
二人:はははははは。
高須:何ですか?
松本:ちゃう、なんかね、
高須:はははは。はい。
松本:そのー、シャッター、防犯シャッターに挟まった言うて、子どもがなんや、
高須:あー。ありましたね。
松本:なんかやってたでしょう?
高須:ありました。ありました。ありました。
松本:ほいで、これは挟まんようにせなあかんみたいなことをニュースで散々っぱらやってんねんけど、いや、その防犯シャッター自体、その子どもとかも守るためのもんやから。なんかねー、
高須:うん。うん。うん。
松本:ニュース観てたらね、
高須:うん。
松本:なんか「防犯シャッターが悪い」みたいなね、
高須:あー。まあね。
松本:何かストッパーを付けなあかんのんちゃうんか、とかさ。
高須:うん。うん。うん。
松本:そんなもん付けてもうたら、防犯シャッターの意味ないからね。
高須:うー、まあね。ただ、今のは、最近のはようありますけどね。シャッターの前ぱっと通ったら、パンと止まるやつはね。
松本:でも、それやと防犯シャッターになれへんからなあ。
高須:まあ、でも、下まで、
松本:多少の何か障害物あるだけで、閉まれへんようなってまうみたいなことでしょう?それって。
高須:そうですね。
松本:なーんかなあと思って。
高須:うーん。うーん。
松本:ほいで、ニュースもなんやそれを、学校側もなんか謝ったりとかするわけよ。
高須:うん。してますね。
松本:いや、いや、いや、いや、そこそうかなあって。
高須:うーん。って、思うんです。
松本:子ども守るためのもんでもあるわけやんか。
高須:まあ、
松本:で、そのガキもあれ、ランドセルしょったまま、防犯シャッター下りてんのに、そこ下くぐりぬけようとしたからそんなことなったわけですよ。
高須:あー、そうなんですか。
松本:そうなんですよ。なんか、
高須:あらららららら。
松本:で、結局、まあ結局、そのー、ちょっと怪我はしたらしいですけど、その、死んだりとかしてないんですけど、
高須:うん。してないんやね。
松本:で、その子はちゃんと誰か怒ったんやろなっちゅう話なんですよ。
高須:その子はその子でね。
松本:その子はその子で。
高須:ほんまやね。
松本:あれ、怒ってないんちゃうかなあ。なんか、だって誰もそんなこと言えへんもん。
高須:「よかったねー」ってたぶん言われてんねん。「助かってよかった。」
松本:「防犯シャッターのボケッー!」みたいになってるんですよ。
高須:なってるね。それはあかんね。その子はまず、怒らなあかんね。そういう風に、
松本:怒らなあかんよねえ。
高須:そんな風に、まあ、駆け込んで
松本:うん。
高須:ぎりぎりのとこで引っかかってそうなってんやったら、その子のミスでもあるもんね。

◇関連トーク:今週の「何ぃっー!?」トーク!
09_1:最近のニュース~「高須が言った驚愕の答えとは何っー!?」 | その2

◇関連トーク.2:子どもに関する事件の報道を考える。
2006.3.18放送 第233回松本人志の放送室 - 11:「教師が児童に怪我」報道を考える

2005.12.24放送 第222回松本人志の放送室 - 08_1:被害者が子どもの事件の捉え方を考える | その2 | その3 | その4

2005.9.18放送 第208回松本人志の放送室 - 06_1:体罰を考える | その2~「3回目やけどな」 | その3~「ジンジンするからやんか」 | その4~「必要な体罰はあると思う」

こちらは爆笑トーク!今だったら大問題?!な同級生・森岡君の話。
2007.5.19放送 第294回松本人志の放送室 - 13:森岡君の悲劇 | 14:森岡君のおかんの悲劇

◇関連トーク.3:お二人が育児を語る。
2006.1.21放送 第225回松本人志の放送室 - 12_1:育児は大変 | その2 | その3 | 
14:「やっぱ、愛なんやな」

2004.9.7放送 第154回松本人志の放送室 - 03:子供ができたら…


← 第247回2006.6.24 - 09_2:最近のニュース~「さも似たり的なとこあるやんか」 | → 第247回2006.6.24 - 10_2:子どもの防犯シャッターの事故を考える


※今なら1冊からでも送料ゼロ円です♪

☆クローズアップ Amazon

放送室では今回のようにニュースや事件報道のあり方、受け捉え方を一般論と異なる観点でトークすることも。第346回で松ちゃんは「言葉の奇襲戦法みたいなことも言うじゃないですか。ほんまはこれが王道、ほんまはこうですよ、でもこういう考え方もないかなあ、みたいな問題提起をしてるわけなんですよ」と述べています。著書でも独自の切り口や考え方を読むことができますので、ぜひ触れてみてはいかがでしょうか。



■週刊プレイボーイでの連載.1 「松本人志の怒り 赤版・青版」
「松本人志の怒り 赤版・青版」は2008.8.25に同時発売。年金問題や食品偽装、マスメディアのあり方など色々な「怒り」に対し独自の論を展開。

◇試し読み:女子アナ
各キー局の女子アナを見ていると、もう、こいつらいったいなにを考えているのかと悲しい気持ちになります。ええかげんにせいと思います。(イグチ・東京都)

アナウンサーって「人にものを伝える」という点では、ボクらと一緒じゃないですか。情報を正しく伝えるのがアナウンサーの第一義であるべきでしょう。ところが、朝の番組に登場したアナウンサーが、まったく機転がきかないヤツでした。もう、噴飯ものですよ。・・・(中略)・・・こんなことはね、実は氷山の一角で、アナウンサーって機転がきかないんですよ。番組やってると浜田(雅功)が仕切りますが、浜田もこっちの側へきて、仕切り役をアナウンサーに任せようとする時があるんですよ。でも、これが任せられない。女子アナはね、男子アナよりひどくて、ボクらの番組には必要ありませんね。
もっと詳しく見る
※より知っていただきたく、試し読みは集英社さんサイト「集英社BOOK NAVI」より引用させていただきました。



■週刊プレイボーイでの連載.2 
「プレイ坊主 - 松本人志の人生相談」

こちらもプレイボーイに連載していたコラムの単行本。人生の悩み、性の悩み、社会全体に関わる問題まで、あらゆる相談に松ちゃんが自由自在かつ超越した発想で答えています。雑誌には未掲載だったこの本だけの相談も収録!
もっと詳しく見る



■週刊プレイボーイでの連載.3 
「松本人志の好きか嫌いか1・2」

左の「1」では鳥インフルエンザや道頓堀ダイヴ、勝負下着やヌーブラなど、「2」ではハルウララやぼったくり風俗など、さまざまな社会的事象や関心事を「好きか、嫌いか」で語ります。松ちゃんならではの発想が満載です。

もっと詳しく見る


第247回松本人志の放送室 - 09_2:最近のニュース~「さも似たり的なとこあるやんか」

ダウンタウン松本人志の放送室第247回:最近のニュース~「さも似たり的なとこあるやんか」 (32:25~)
高須:いや、いや、あのね、
松本:ああ。
高須:あれですよ。あのー、
松本:何?はははは。
高須:ドミニカ、なん、ドミニカに移住してどうのこうのってニュースあったじゃないですか。
松本:何?
高須:日本から。え?知らんの?
松本:何やそれ?
高須:なんかね。ずっとね。日本からずっと、
松本:ええ。
高須:日本、まあ、日本に子どもが、戦後子どもが多すぎたから、
松本:うん。
高須:全部、ドミニカはいいとこですよー言うて、こう、移住、
松本:ああー。まあ、ドミニカ関わらず、ようそんなことやってたよね。
高須:いろんなとこやってたでしょう?
松本:うん。
高須:あの頃は、もう、子どもが多すぎたんですよ。
松本:はい。はい。はい。はい。はい。
高須:と思いきやね、
松本:ええ。
高須:その問題が起きてる今、
松本:うん。
高須:少子化で1.25ですよ。
松本:そうですね。
高須:っていうのが、
松本:ええ。
高須:僕はちょっとおもしろいと思った。同じ時期に同じような、
松本:うん。はははは。
高須:ちょっと違いますよ、これ。
二人:ははははははは。
高須:ちょっと違いますよ!
松本:うーん。
高須:でも、違うけど、
松本:はははははは。
高須:ちょっと、さも似たり的なとこあるやんか。
松本:あはははははは!
高須:これは「何、これ?!何、これ?何ぃっー!?これー!」、
松本:はははは。
高須:っていうの、ない?はははははは。
松本:もっと声が、もっと声出さなあかんとこやな。そこ。
高須:そうやなあー。でもね、自信のない表れやねん。これ。
二人:ははははははは。

← 第247回2006.6.24 - 09_1:最近のニュース~「高須が言った驚愕の答えとは何っー!?」 | → 第247回2006.6.24 - 10_1:子どもの防犯シャッターの事故を考える

まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

第247回松本人志の放送室 - 09_1:最近のニュース~「高須が言った驚愕の答えとは何ぃっー!?」

ダウンタウン松本人志の放送室第247回:最近のニュース~「高須が言った驚愕の答えとは何ぃっー!?」 (30:35~)
松本:いや、ほんま、もう、全然どうでもええ話やけど、
高須:はい。
松本:昨日、ニュース観てて、
高須:うん。
松本:ヌーブラ、
高須:ヌーブラ。
松本:のね、
高須:はい。
松本:ヌーブラがものすごい売れたでしょう?
高須:売れましたね。
松本:で、あのー、ヌーブラの、
高須:うん。
松本:偽物が、今、ものすごい出回ってる言うてね。
高須:あ、そうなんですか。
松本:ほいでー、あのー、「ここは本物で、ここは偽物や」みたいなね、
高須:はははははは。
松本:ヌーブラのことを扱ってやってんねんけど、ヌーブラ自体が、
高須:自体、偽物やから。はははははは。
松本:偽物の乳やからね。
高須:何が本物やねん!と。
二人:あははははは。
高須:それはおもしろいね。
松本:これちょっとおもしろいでしょう?
高須:それおもしろいね。
松本:なんだ?!このニュースは、と思いながらね。
高須:何、うわあ、それ、おもしろいね。
松本:そんなこと言うたら、ヌーブラの人、怒られるか知らんけど、まあ、でも、そうやんか。
高須:そういうことよ。
松本:元々、発祥がさ、
高須:そうやねん。
松本:そのー、
高須:ほんまの乳に似せて作ったもんやから。
松本:そうなのよ。
高須:偽物やから。
松本:ごまかした乳なんですよね。
高須:うん。
松本:偽乳(ぎちち)なんですよ。
高須:そうやね。それの偽物が出たからっつって、
松本:それの偽物が出たからって「これが本物で、これが嘘もんや」みたいなことをね、
高須:あー。おもしろい。
松本:「この縫い目が違う」とかね。いやいや、
高須:いや、
二人:あははははは。
松本:そういうこっちゃなくて。はははははは。そういうこっちゃなくて。
高須:あー。おもしろいね。
松本:あー。
高須:なるほど。それはおもしろいねー。
松本:ちょっとね、まあ、一人でぼやいてたんですけどもね。ええー。
高須:そんなんあるよなあー。そんなんあるわー。
松本:あ、そんなんあんねんな?!
高須:いや、まあ、
二人:はははは。
高須:その、もう、
松本:それは何っ?!
高須:はははははは、ものすごい食いつきやんか。
松本:はははははは。
高須:何、この、
二人:はははははは。
松本:「それ」とはっ?!
高須:いや、はははは、
松本:高須が「ある。そんなんあるな」と言った、「それ」とは何ぃっ?!
高須:あははは。いや、それ、
二人:はははははは。
高須:そんなに言われても!そんな、
松本:あははははは。
高須:どん、どんぴしゃはないですよ。
松本:はははははは。
高須:どんぴしゃはないですけど、あの、ちょっとおかしいなっていうのは、ちょっとあったんですよ。
松本:おおっ!
高須:あははは、
松本:この後、高須が言った、
高須:いや、ははは、いや、言われ、
松本:驚愕の答えとはっ、
高須:言われへん。
松本:何ぃっー!?
高須:言われへん。
二人:はははははは。
高須:言われへん。
松本:はははははは。
高須:言われへんって。そんなの言われたら。
二人:はははははは。

◇関連トーク:他にも政治からエンタメまで、時事ニュースに触れたトークあれこれ。
電話番号案内とETCを考える。
2003.5.15放送 第85回松本人志の放送室 - 10:「番号案内、なんぼ取られてるか知ってる?」 | 11_1:ETCについて考える | その2 | その3

「あれももう完全に情報操作されてるな。」
2003.7.3放送 第92回松本人志の放送室 - 10_1:エンタメニュースへの疑問 | その2

見かけないカラフルタイヤに松ちゃんが大予想?!
2005.5.7放送 第189回松本人志の放送室 - 03:松ちゃん大予想~「(音量が大きくなる)」

政局に触れて。
2005.10.1放送 第210回松本人志の放送室 - 08_1:「選挙行った?」 | その2~人柄を見分ける | 09:嫌いな政治家
2007.8.18放送 第307回松本人志の放送室 - 07:選挙と政治

元総理の問題。
2008.12.6放送 第375回 - 06:麻生首相の失言問題
2008.9.13放送 第363回 - 02_1:福田総理辞任について | その2 | その3

多発する地震の恐怖をエアで?!
2007.8.4放送 第305回松本人志の放送室 - 09_1:地震は怖い | その2

「ワイドショーが過熱過ぎてやりすぎだ!いうのを、ワイドショーがやるからね。」
2007.9.22放送 第312回松本人志の放送室 - 04_1:朝青龍~「ハイジですやん」 | その2~気持ちの悪いワイドショー

エンタメニュース。吉本主催の映画祭開催。
2008.10.4放送 第366回松本人志の放送室 - 05_1:吉本沖縄国際映画祭 | その2

「なんでこんなことになってんのかなあ。」
2008.3.15放送 第337回松本人志の放送室 - 07_1:大統領選に盛り上がる日本 | その2

「プロの僕から言わしてもらって、」
2008.6.7放送 第349回松本人志の放送室 - 05_1:サラリーマン川柳 | その2 | その3 | その4 | その5

世間を騒がせた食品偽装。
2008.7.5放送 第353回松本人志の放送室 - 04:最近の食品偽装問題について

多発する地震&「ふるさと納税」を考える。
2009.1.31放送 第383回松本人志の放送室 - 07_1:防災について考えよう | その2 | その3 | 09:ふるさと納税をどう考える?

◇関連トーク.2:こちらも松ちゃんが披露する「どうでもいい話」。
2008.2.16放送 第369回 - 07:どうでもいい話 | 08:松ちゃんのどうでもいい話
2008.11.1放送 第370回松本人志の放送室 - 02:松ちゃんのどうでもいい話.2

← 第247回2006.6.24 - 08_2:W杯の裏~松ちゃんの後悔 | → 第247回2006.6.24 - 09_2:最近のニュース~「さも似たり的なとこあるやんか」


☆クローズアップ Amazon

■松ちゃんの気になる社会ネタトーク
松ちゃんが「『すべらない話』でできない話。ちょっと社会に対して不満、怒り方を楽しむ」と立ち上げたのが「人志松本のゆるせない話」深夜に4回のみ放送され、後に「人志松本の○○な話」を生むことになった名トーク番組がDVD上下巻揃ってリリース!100項目ある「怒りのテーマ」は、出演者自らが本番直前まで厳選! 初回限定版には未公開のオープニングトーク本番直前の楽屋トーク、直後の舞台裏トークなどのマル秘映像が付いています!

【上巻】~第1弾と第2弾放送分を収録
21話 + 23話のボリューム!
放送室でトークした「横取り店員」も♪
未公開トークもたっぷり17話!
1時間半超のボリュームです!

◆初回限定特典~40分超の特典映像!
◇初収録直前の控え室
◇第1弾本番終了直後
◇2弾本番終了直後


【下巻】~第3弾と第4弾放送分を収録
こちらも23話 + 26話のボリューム!
未公開トーク12話も!
1時間半超のボリュームです!

◆初回限定特典~こちらも未公開の特典映像がたっぷり!
◇第3弾本番終了直後
◇第4弾完全未公開オープニングトーク
◇第4弾本番終了直後
もっと詳しく見る


第247回松本人志の放送室 - 08_2:W杯の裏~松ちゃんの後悔

松本:いや、俺はほんとやるべきやったと思ってんねんー。
高須:ああ、まあ、そらそうかもしれませんね。そうかもしれませんね。
松本:ええー。
高須:そうか。
松本:だって、まあ、、、30分トークやったら負担もそんなないしね。番組に。
高須:うーん。まあ、そら、しゃべる、
松本:コスト的な負担も別にないやんか。
高須:しゃべる二人が、やっぱ、あれやし、編集もまだ、まあ、ね。
松本:そうでしょう?
高須:うん。言うても、まだ、あれやけどね。
松本:もうほーんま、もう、俺、後で考えるとちょっとなんか、自分で自分にちょっと腹立ってきて。
高須:あ。かっこええなー。
松本:いや、ほんまやねん。いや、「かっこいい」って言うか、こんな時の方が、
高須:こそ!
松本:こそ、なんか、ねえ?
高須:「違うな」と思わせな。
松本:何も気にせんとできるやんか。
高須:なるほど。
松本:ええ。
高須:で、なんぼ数字いくか、
松本:それをうまく、
高須:おもしろいもんね。
松本:おもしろいやん。これでほんま、0.0なんぼやったって、
高須:ったら、ちょっと笑う、
松本:もう、全然かめへんし。
高須:そうやな。
松本:うん。
高須:ほんまやなあ。
松本:そうやねん。俺、もう、ちょっと間違ってた。今からでも何とかしたいぐらいや。ほんまに。
高須:お?今から何とかなるかな?
松本:なれへんねん。それが、もう、どうしたって。だってもう、みんな、もう、休みに入っとるやん。「ガキ」のスタッフ。
高須:まあ、ほんまやなー。
松本:そうでしょう?
高須:うん。そうやな。
松本:うん。
高須:ほいで、まあ、その日は観とるわ。ほんで。サッカー。
松本:サッカー観とるわ。その日。
高須:絶対、観、
松本:「ガキ」のスタッフもね。
高須:「ガキ」のスタッフも、「ガキ」録って観とるわ。
松本:うーん。そやねん。ちょっとほんま、後悔してんねん。もう、今度はもう絶対こんなことないようにしようと思ってね。
高須:4年後。ワールドカップ。
二人:はははははは
高須:大変。それ、裏くるかどうかわかれへんからな。こんなことが、もう。
松本:いや、ほんまにねー。
高須:うーん。
松本:ど真裏やからね。今回は。
高須:ど真裏ですよ!驚くとこですよ。ははははは。
松本:うーん。
高須:まあ、まあ、まあ、しょうがないですわ。
松本:ああ、あかん。俺、でも、ほんまに腹立ってんねん。ほんまに腹立ってんねん。
高須:いや、それ、もう、「腹立ってる、腹立ってる」って言ってももうしょうがないじゃないですか。もう。
松本:うーん。
高須:あと、生でやるしかもうないぐらいですよ。
松本:嫌がられるやろなー。今、急に俺がここで、
高須:「生でやりたいねん」言うたら、
松本:「今度の『ガキ』生でやりたいねん」言うたら、もう。
高須:いや、ほんまね、そら「松ちゃん、それはちょっと、ほんま、」
松本:「ええ…?」
高須:「いや、みんなサッカー観たいねーん…。」
松本:はははははは。
高須:「みんなサッカー観たいねーん…。」
二人:はははははは。
松本:しかも、生でトークやったりしたらボロッボロやったりなんかして。
高須:ははははは、ボロボロ、
松本:「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」みたいなってもうて。
高須:うわ。もう、ひどい。
二人:あはははははは。
松本:かいたこともないような汗かいたりなんかして。
高須:頼むで。頼むで!
松本:あはははははは。
高須:生や。隠されへんのやから!
二人:あはははははは。
高須:ほんま、客もちらほら帰ってくぐらいの、もう。
松本:そう、そう、そう。そう、そう、そう。もう、あのー、襟の色変わってんのわかるぐらい汗かいてもうて。
高須:うわあー。もう、脇の下も、
松本:あははははは!
高須:胸の辺まで侵食されてもうて。
二人:あはははははは。
松本:ありますよね。
高須:そんなんありますね。そんな汗かきね。
松本:ええー。
高須:ありますよー。
松本:キャンディーズを聴こうと思うんやけど。
高須:はい。じゃあ、行きましょうか。「アン・ドゥ・トロワ」、キャンディーズ。

◇関連トーク
たかすちゃん「久々にクレームの嵐ですわ」、松ちゃん「わかっとるわい、っていう話ですよ」。
2008.7.19放送 第355回松本人志の放送室 - 04:ガキの使い「勃起王」

← 第247回2006.6.24 - 08_1:W杯の裏~松ちゃんの後悔 | → 第247回2006.6.24 - 09_1:最近のニュース~「高須が言った驚愕の答えとは何っ~!?」


☆今週の曲 Amazon

■アン・ドゥ・トロワ / キャンディーズ
1970年代に一世を風靡した3人組アイドル・キャンディーズの15thシングル。作曲は吉田拓郎さん。ご自身もアルバム「大いなる人」でセルフカバーされています。

「アン・ドゥ・トロワ」は、仏語で「1.2.3」の意味。恋する人を思う気持ちを「♪アン・ドゥ・トロワ 踊りましょうか アン・ドゥ・トロワ 流れるように…」と切なくかわいく歌っています。左の「解散コンサート」DVDにも収録されているので、ぜひ観てみてください。これぞ、頂点を極めた女の子グループの先駆け!
もっと詳しく見る


第247回松本人志の放送室 - 08_1:W杯の裏~松ちゃんの後悔

ダウンタウン松本人志の放送室第247回:W杯の裏~松ちゃんの後悔 (24:50~)
松本:「ガキ」もね、
高須:うん。
松本:そんな、そう、そう、「ガキ」もね、今、ほら、サッカー今度裏にくる言うて。もう、やる気ないやろう?みんな。
高須:もう、そんなもん、だってね、
松本:うん。
高須:そらそうですよ。
松本:はははははは。
高須:みんな総集編とかですよ。よその番組、全部。
松本:俺な、俺、はははは、せやけどな、あれも考えもんやと思うで。
高須:あー。はい。はい。
松本:俺はな、
高須:うん。
松本:俺、ええかっこ言うつもりはないけど、
高須:うん。
松本:俺はサッカーが裏に来ようが、普通通りやるべきやと思うで。俺は!
高須:偉いなー。いいですよ、それは別、
松本:だって、別にそんなつもりでやってへんもん。こっちは。
高須:やってへんですよ。
松本:「いっぱいの人が観るから頑張ろう」とか、「少ない人が観るから、もう、ちょっといつもよりええやん」という考え方は、俺は基本的には嫌いやから。
高須:うん。
松本:普段通りやったらええのに、
高須:うん。
松本:もう、なんか、軽ーく総集編みたいなのやろうとするやろう?みんな。
高須:総集編、みんな、
松本:どーうしたって。
高須:大体どこの番組でも総集編やります。
松本:俺、もう、あのー、「TV Taro」あるやんか。
高須:うん。
松本:1ヶ月分ぐらいの。
高須:ありますね。
松本:なーんとなく、この間見てたんや。
高須:うん。
松本:もう、びっくりするな。
高須:何?
松本:他の番組も。
高須:総集編ばっかりでしょう?
松本:なんか、もう、総集編ばっかりなんですよ!
高須:ばっかりです。
松本:サッカーの裏が。
高須:いや、もう、総集編ですよ。みんな、そうでしょう。で、その、
松本:もう、「ウルルン滞在記」もなんかもう、なんか、「過去にやった思い出話特集」。
二人:あはははははは。
松本:いや!いや!いや!いや!いや!いや!ははははは、ちゃんとやれや!
二人:はははははは。
高須:いやいや、えらいもんでね、いろんなとこ、もう、総集編ですよ。そりゃあ。だって、
松本:それは、俺、ちょっと不健全やなあー!
高須:いや、不健全ですよ。不健全やけど、一生懸命やっても、観て、
松本:俺、ちょっと後悔してんねん。
高須:じゃあ、言うてください。
松本:俺、後悔してる。
高須:トークやっとくべきやった。30分。
松本:うん。俺、30分トークやっとくべきやったと思うてる。俺、ほんとちょっと後悔してんねん。なっんで、俺、そこで甘んじたかなって思って。
高須:なるほど。
松本:ちょっと自分に、ちょっと腹立ってるんですよ。
高須:ええこと、ええこと言うやんか。
松本:あの時こそ!がっつり30分。
高須:うん。「よし!しゃべったろやないか!」と。
松本:「しゃべったろやないか!」と。
高須:「格闘技や!こっちも!」と。
松本:そう、そう、そう、そう、そう、そう。
高須:なるほど。
松本:「ハンドなしじゃ!」、、、っていうね。
二人:…はははは。
松本:わかりにくいやろうー?
高須:はははは、わかりづらいわ。これで30、
松本:こんなこと言うで。でも。
高須:30分大丈夫かな。これー。こんなわかりづらいこと、
松本:こんなこと言うで。でも。
高須:うえぇっー?!
二人:あはははははは!

◇関連記事
「サッカーの新ポジション」に「松ちゃんの『ウルルン滞在記』?!」~爆笑トーク満載!
「ガキの使い」DVDが300万枚達成!~第13巻「爆笑革命伝!傑作トーク集!」

◇関連トーク:「ウルルン」はこんなところでも。
「2回重なってる番組はええ思うとんちゃう?」
2006.6.17放送 第246回松本人志の放送室 - 03_1:マイケル・ジャクソン来日 | その2~「スマスマ」「あるある」?

こちらは「リンカーン」の「ウルリン滞在記フジモン編」!
2007.8.11放送 第306回松本人志の放送室 - 02:「どんだけー」 |  03:「どんだけー」は誰のもの? | 04:「リンカーン」で紅白?!

そして二人で掛け合い、「どんだけ~」!
2008.7.26放送 第356回松本人志の放送室 - 02_1:松ちゃんの「どんだけ~」 | その2 | その3 | その4 | 05:やっぱり「どんだけ~」

← 第247回2006.6.24 - 07:第2日本テレビ「ザッサー」 | → 第247回2006.6.24 - 08_2:W杯の裏~松ちゃんの後悔 


☆クローズアップ Amazon

■「ガキの使い」~松ちゃんの「ウルルン滞在記」トーク
「ガキ」では浜ちゃんとまったく異なる展開ながら、サッカーと「ウルルン」をトーク!

「サッカーの新しいポジションは?」に「エキゾチックアタッカー」登場!実は「ウルルン」ロケをしていた松ちゃん。カナダに滞在したもののお蔵入り。浜ちゃんも大爆笑で食いつく、その壮絶な理由とは?!
他にも、放送室でもトークされた「駐車場でのバイ~ン」「山ちゃんの奇病」なども。浜ちゃんとのバージョンも必見!松ちゃんが世界新に挑む「松本人志挑戦シリーズ」も付いてくる!見応えたっぷり、超ボリューム20周年記念盤です!
もっと詳しく見る

【DISK.1 抜粋】:なんと36本を収録!
01・「山崎の伝言」~松ちゃん「ぷっくぅ~」、グアムでいぼ痔に。
08・「宇宙人を傷つけないリアクション」~浜ちゃん想像の宇宙人に松ちゃんがツッこむ!
11・「5月24日ダウンタウンの日に何をしているのか?」~二人の記念日?!
13・「開発中の『ヘイPod』とは?」~浜ちゃん「誰が買うねんな!」
18・「『オーシャンズ11』のストーリーは?」~第1話は「オッス!おら、オーシャンズ」、第2話は?!
20・「マンタびっくりしたと思うで!」~「兄さん、マンタですわ~!」、松ちゃん石垣へ行く!
21・「食べてすぐ寝るとどんな過程で牛になる?」~「♪ババババァ~ン」、「何してんねん!」
23・「カーネルサンダースの少年時代を教えて」~「ドント フラーイ!」
29・「明け方5時の独り言」~一人暮らし松ちゃん、エッチなDVDを整理していたら…。
30・「浜田が本当にキレたらどうなる?」~相方松ちゃんだけが知る浜ちゃん、そして浜ちゃんが南キャン山ちゃんに聞いた「ぶっちゃけ、どっちが怖いねん?」
31・「山崎家との旅行」~あやちゃんのすごい話!
33・「この世のもの全てにサブタイトルがある」~「ダウンタウン松本人志~風を感じて」
36・「浜田が突然襲われたら松本はどうする?」~ガキの舞台、救急車、お葬式?!
もっと詳しく見る


【DISC.2】:松本人志挑戦シリーズ!
黒子に扮する浜ちゃんたち4人と、楽屋に引き戻る松ちゃんのやりとりが最高!5年間の歴史、たっぷり7本・2時間のボリュームです!
01・「走り高跳び世界新記録に挑戦!」
02・「松本人志 跳馬3回転に挑戦!」
03・「スケボー バックサイドグラブシフティフロントサイド900エアに挑戦!」
04・「150km/hの速球を打ち返す!」
~ヘイポーも挑戦!「浜田さ~ん、怖い~!」、「なんで浜田やねん!」
05・「ウェイトリフティング220kg世界新記録に挑戦!」
~浜ちゃん、「『♪WOW WAR TONIGHT』紅白の時みたいに」?!
06・「炎のリンボーダンス50cmに挑戦!」
07・「松本人志、競泳自由形25mを10秒で泳ぐ!!」
~舞台はついに水中へ!田島ラップも登場!「♪浜田のクチビル大爆笑~」

もっと詳しく見る


第247回松本人志の放送室 - 07:第2日本テレビ「ザッサー」

ダウンタウン松本人志の放送室第247回:第2日本テレビ「ザッサー」 (24:20~)
高須:あれ観ました?
松本:何を?
高須:第2日本テレビの。第2日本テレビの。
松本:俺、観てないねん。
高須:あ、まだ観てないんですか。
松本:やっぱりね、こう、自分の手から離れたもんには、そんなに興味ないんですけどね。
高須:そうか。僕は観ましたけどね。
松本:ええ。
高須:うん。まあ、
松本:ま、いろいろ、こう、編集もまたあれから変わって。
高須:そうですね。ちょっと、
松本:どうたら、こうたら。
高須:ちょっと変わってましたね。
松本:まあね、あれもどうなるかわからないですけど。
高須:まあ、まあ、まあ、おもしろかったですけどね。
松本:うん。まあ、まあ、いつまで続ける、またやるのかね?
高須:さあ。お金がどんだけ集まってんのか、どんだけ観てんのか、それがちょっと、僕、わからないんですけども。
松本:ああ。ちょっと、今回、金かけすぎたみたいやからね。でもね。
高須:まあね。
松本:ええ。
高須:あのー、ゴールデン番組1本ぐらいの作った、
松本:ええ。
高須:使ったっつってますからね。

◇関連記事:トーク中の番組は「ザッサー」。板尾さん、宮川大輔さんとのコントです。
板尾さん、初監督作品!
「板尾創路の脱獄王」、DVDリリース決定!

私物の喪服、素顔で語る奥深い思いの数々―
板尾創路、真面目に語る - ロングインタビュー誌「本人」発売!

キム兄初監督作品。板尾さんやインパルス板倉さんも登場します!
2009.10.21 - キム兄初監督長編映画「ニセ札」リリース!

今ちゃん、キム兄、ほんこんさん、ジュニアさんが板尾さんを語り尽くす!
「アメトーーク」最新DVD第4~6巻の収録内容決定!

ある時は馬に乗り、ある時はブラックジャックで!
「ガキの使い」DVDが300万枚達成!~第12巻情報

超豪華!板尾さん、東野さん、山ちゃん、ジュニアさんやキム兄、今ちゃんらが勢ぞろい!
50周年!吉本新喜劇「ギャグ100連発」

板尾さんがレビュー「体感的には70分ぐらいの感じやった。」
「しんぼる」DVD化決定!

大輔さんの「三又又三」&TKO木下さんの追っかけ話!松ちゃん「板尾、覚えてるかなあ?」
「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン4」リリース!

その他「すべらない話」。大輔さんはやっぱり欠かせません!
「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン3」リリース!
「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン2」リリース!
「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン」リリース!
「ジュニア千原と大輔宮川のすべらない話」!
「すべらない話」スピンオフ、続々登場!

こちらも珠玉のトークがぎっしり★
「人志松本のゆるせない話」DVD上・下巻リリース!

◇関連トーク:「ザッサー」の話。
「イメージトーク」の頃。
2006.3.11放送 第232回松本人志の放送室 - 06:「もうええわ、その話」

その2週間後のトーク。「コントを撮ってるんですけどね。」
2006.3.25放送 第234回松本人志の放送室 - 03:「ザッサー」 | 05:うまいもんだ星?!~紳助さんのお店大繁盛

共に作った日テレ土屋さんの話。
2008.1.26放送 第330回 - 12_1:日テレ土屋さん | その2 | その3~すべる価値

← 第247回2006.6.24 - 06:えら低オヤジ | → 第247回2006.6.24 - 08_1:W杯の裏~松ちゃんの後悔


☆クローズアップ Amazon

■ザッサー
日テレ土屋さんと手がけた松ちゃん5年ぶりの新作コントで、板尾さんや宮川大輔さんも出演。8ヶ月かけて完成させたそうです。左は変革期にあるテレビについて、インターネットの視点を絡め、各界の先駆者が考えを語り合う「CONTENT'S FUTURE~ポストYouTube時代のクリエイティビティ」土屋さんも登場し、「ザッサー」のことを。ものづくりやコンテンツビジネスに興味のある人にお勧めの1冊です。
もっと詳しく見る


■コントのこと
放送室では松ちゃんのコントへの思いメンバーや収録の裏話、そして「ごっつ」オジンガー橋爪さんへを偲んでなど多々語られています。特に、第85回では浜ちゃん、今ちゃん、板尾さんらとのエピソードや、「ベーター」や「兄貴」「産卵」「キャシー」などなど各々を振り返ってのトークがぎっしり。貴重な1回!左のCD-BOXに収録されています。ぜひお二人の声で聴いてみてください。全10巻、完全限定生産です。
もっと詳しく見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。